「全員欧州組」に衝撃! 韓国メディアが森保Jの10か月ぶりの国際試合を詳報。自国の海外組の状況に「残念」とも

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2020年10月10日

日本代表のカメルーン戦は韓国でも詳細に報じられている

森保ジャパン守備陣の欧州組の豊富さに韓国メディアも羨む。写真:龍フェルケル

画像を見る

「サッカー日本代表が10か月ぶりのAマッチで沈黙した」

 これは韓国のスポーツ芸能メディア『OSEN』の記事の書き出しだ。

【日本代表PHOTO】日本0-0カメルーン|海外組のみで挑んだ約1年ぶりの代表戦はスコアレスドロー!

 同メディアは「南野-久保投入の日本、カメルーンとの親善試合で0-0の沈黙」と題した記事の始まりをそう書き出したあと、「日本にとってこの日の試合は10か月ぶりの国際試合だった。そのせいか、日本は印象的な場面を作り出すことができなかった。前半には南野拓実、後半には久保建英を起用したが、得点を挙げることに失敗した」と報じた。

 このように10月9日にオランダのユトレヒトで行われた日本代表対カメルーン代表とのAマッチは韓国でも詳細に報じられている。

 サッカー専門メディア『Inter football』も「Aマッチレビュー」で出場ラインナップを紹介したあと、「日本は最前線の大迫、2列目の南野、堂安を中心に攻撃を進めた。しかし、日本が打ったシュートはことごとくカメルーンの守備に防がれた。カメルーンは素早い逆襲で日本を押し込んだ。(中略)後半の追加時間に日本は決定的な機会を掴んだ。FKを得た日本は久保がキッカーを務めたが、久保の左足シュートはクロスバーを強打したあと外に出て試合は終了した」と報じている。
 
 そんな韓国メディアの報道の中で多かったキーワードが「全員ヨーロッパ組」だ。

 通信社の聯合ニュースをはじめ、スポーツ新聞『イルガン・スポーツ』、テレビ局『SBS』、スポーツ総合メディア『マニア・リポートなどが「全員ヨーロッパ組で欧州での親善試合に臨んだ日本サッカー、カメルーンに0-0」との見出しをつけてその結果を報じた。

 各メディアは「新型コロナ防疫のための隔離などを考慮して、日本代表は初めて“100%海外派”で構成された」と淡々と報じているが、GKからFWまですべてのポジションを欧州組で賄うことができる日本代表の充実ぶりにはいくばくかの羨ましさもあるのだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ