大迫勇也が悔やんだ48分のヘディング…「あれを突き詰めていかなきゃいけない」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2020年10月10日

「最初は距離感とかに問題があった」

なかなかチャンスを得られなかった大迫。ノーゴールでチームを離れることになった。写真:龍フェルケル

画像を見る

 日本代表は10月9日、オランダのユトレヒトでカメルーン代表と対戦。欧州組のみで臨んだゲームは0-0のドローで終わった。

 約10か月ぶりに行なわれた代表戦を、FWで先発した大迫勇也は以下のように振り返る。

「前半はどちらかと言うと守備の時にハマらず、そこで力を使ってしまって印象。後半はクリアにできて、そこまでエネルギーを使わずにボールを奪えた。前半は前に出ていけなかったけど、そこはうまく修正できたかなと思います。あとはやっぱり結果が欲しかったですね」

 また対戦相手のカメルーンを「すごく良いコンディションで、すごく良い相手だった」と評した大迫は、「僕らにとってプラスになった試合だった」と総評した。
 
 大迫にとっては昨年の9月10日ぶりの代表戦。やはりブランクを感じるのは致し方ないところだろう。

「もちろん1年以上空いたなかでのゲームだったので、最初は距離感とかに問題があったと思いますけど、時間が経つにつれて良くなりました。やればやるだけ良くなると思うので、楽しみですし、もっともっと個人としてレベルをアップしていければいいかなと思います」

 最も求められたゴールを決められなかったのは、やはり悔いが残る点だ。試合を通じて、なかなかシュートチャンスを得られず。49分には右サイドの伊東純也からのクロスにヘディングで合わせた決定機も、枠を捉えられなかった。「あれは決められるチャンスでしたし、あれを突き詰めていかなきゃいけない」と悔やむ。

 さらに「後半は決めるチャンスもあったので、そこでやっぱり集中しながら、ゴール前に入っていく、駆け引きで勝つということを、もっと意識したいなと思います」と今後に向けた課題を口にした。

 大迫は今遠征の2試合目となるコートジボワール戦(13日)には出場せず、所属のブレーメンへと戻るが、今後のさらなる奮起に期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【カメルーン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【セルジオ越後】森保監督への不信感は燻っている。外国人は更迭するんだから日本人にも厳しい評価で!
日本、久保建英を投入!カメルーン戦の65分に堂安に代わって2シャドーの一角へ、代表初ゴールを狙う
【日本0-0カメルーン|採点&寸評】3バックをテストのディフェンス陣は奮闘も…連係不足の攻撃陣は沈黙
「これが日本代表の現実」「久保くん惜しかった」カメルーン戦の引き分けを見守ったファンの反応は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ