「冬に獲得できず悔しかった」武藤嘉紀移籍の舞台裏をエイバルSDが明かす!主力MFや指揮官が語る「人間性」と「役割」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ファン・C・クデイロ

2020年09月23日

「武藤は面白いやつだよ」同僚が語った第一印象

エイバルのラブコールに応え、レンタル移籍を果たした武藤。(C) Getty Images

画像を見る

「僕のほうが入団がずっと遅かったからあくまで聞いた話だけど、加入したばかりの頃のタカ(乾)はもっとシャイだったそうだ。武藤は面白いやつだよ」

 入団2年目にしてエイバルの中心選手に成長したエドゥ・エスポーシトは、1年間の期限付き移籍で新たに加わった日本人選手、武藤嘉紀の第一印象についてこう語る。恒例のノバターダ(楽しいノリでの新人いびり)では、ステージのようなところに立たされてスペインでも人気のアニメ、ドラえもんの歌を熱唱した。その場は爆笑の渦となり、コーチングスタッフやチームメイトはそんな武藤の謙虚で陽気な人柄に早くも魅了されているのだそうだ。

【動画】一同爆笑!チームメイトのハートを掴んだ武藤嘉紀の「ドラえもん」熱唱シーン

「武藤に対する期待は大きい」と述べるフラン・ガラガルサSD(スポーツディレクター)によると、エイバルは今年1月にも武藤の獲得を目指した。しかし、2018年夏に移籍金1000万ユーロ(約12億5000万円)を投じてマインツから獲得したニューカッスルがオファーを拒絶し、実現には至らなかった。
 
 そして今回再アプローチが実ったわけだが、その際にサポートを買って出たのが乾だったという。

「獲得できないと知った時は悔しかったよ。でもいまこうやって来てくれたからもう過去の話だ。乾の存在も大きかった。マインツも再獲得に動く中で、武藤を説得してくれた」

 エイバルと言えば、英国風のダイレクトなサッカーを志向する。前線の選手は、ルーズボールを競り合ったり、クロスに飛び込んだり、ポストプレーでボールを収めたり、高い位置から積極的にプレスをかけたりと攻守にわたって率先してハードワークをこなすことが求められる。プレミアリーグでは結果を残せなかった武藤だが、ホセ・ルイス・メンディリバル監督はさらにプラスアルファの働きを期待する。

「武藤には縦にプレーエリアを広げる働きをしてもらいたい。相手DFの背後のスペースを活用するプレーだ。そしてもちろんゴールをたくさん決めてもらいたい」

 そのためには1日も早く新しい環境に適応することが先決となるが、メンディリバル監督も・エスポーシトと同様に、武藤の明るい性格がその一助になると乾を引き合いに出しながら冗談を交えて話す。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ