「フィジカルがすごくて…」 “CB”冨安健洋がイブラヒモビッチとの対決を振り返る!「怒ってはいなかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月22日

「CBはやりやすかった」

ベルギーの俊英サーレマーカス(左)と競り合う冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 冨安健洋が所属するボローニャは、9月21日のセリエA開幕戦でミランと対戦し、敵地で0-2と敗れた。ズラタン・イブラヒモビッチにドッピエッタ(2得点)を許し、黒星発進となっている。

 今シーズンからCBにコンバートされた冨安は、左CBとしてフル出場した。2点を奪われ、チームが負けたとあり、もちろん満足はできないだろう。特に、イブラヒモビッチとのマッチアップにはハードワークを強いられたはずだ。

 ただ、CBとしてのプレーに手ごたえはあるようだ。クラブ公式サイトによると、冨安は試合後に「僕にとっては難しい試合だった。イブラヒモビッチは強い選手というだけでなく、フィジカルがすごくて、頭をすごく使わなければいけなかったからね」と話している。

「CBはやりやすかった。代表でもやっているポジションだ。自分がまだ向上しなければいけないことは分かっている。監督や(CBでコンビを組んだ)ダニーロのおかげで向上できている。彼らは練習でとてもアドバイスしてくれるんだ」

 強豪相手だったとはいえ、ノーゴールで2失点しての敗戦は、シーズンのスタートとして好ましくない。だが、冨安は「監督は、試合後に怒ってはいなかった」と明かした。ボローニャは、すでに次を見据えているようだ。

「監督は、僕たちが最後まで勝利を目指してプレーし、よくやったと思ってくれている。僕たちはポジティブだよ。明日からは、次の試合に向けて仕事を始める」

 その次節、ボローニャは28日にパルマをホームに迎える。開幕戦でナポリに0-2と同じスコアで敗れたチームを相手に、冨安らボローニャはクリーンシート、そして今季初白星を目指す。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ