自己破産から15年…サッカーシューズの名門はいかにして甦ったのか? 喜びの声から生まれたビジョンとは――

カテゴリ:特集

手嶋真彦

2020年09月12日

サッカーダイジェスト連載『マイノリティレポート』第32回 株式会社YASUDA(代表取締役/佐藤和博) フットサル場でのなにげない会話がきっかけだった

代表取締役の佐藤。最新モデルには木型(写真手前左)と金型を一新するなど大幅な改良を施している。

画像を見る

 クラウドファンディングで支援者を募り、2018年に復活を遂げたサッカーシューズの名門ブランド「ヤスダ」。看板をYASUDAに変え、伝統を守りながら、新たなステージを見据えている。自己破産によって、一度は消滅した国内ブランドは、いかにして甦ったのか。そして、ユーザーの喜びの声から生まれたビジョンとは――。

――◆――◆――

「君はホントに、なんにも、知らないんだねぇ」

 初対面のその場で無知を指摘されても、反論できる余地はどこにもなかった。サッカーシューズがどうやって作られているのか、たしかに言われたとおり、佐藤和博はなにひとつ知らなかったのだ。

 でも、知らなかったから、すぐ行動に移せたのかもしれない。学生時代に愛用していたスパイクの国産メーカーが、実は15年前の2002年に自己破産していた。週末に仲間で集まるフットサルの合間の、友人とのなにげない会話をきっかけに、スマホの検索で破産の事実を知った佐藤は、埼玉県戸田市内のフットサル場から、東京都内の自宅に戻る車のなかで、履き心地が格別だった「ヤスダ」のサッカーシューズをもう一度履いてみたい、どこにもないなら自分で復活させようと、あっという間に決めていた。

 その日のうちに商標権の持ち主を調べ、思いを綴った手紙をすぐに送った。折り返し電話がかかってきたとき、ヤスダの破産を知った土曜日から、まだ数日しか経っていなかった。

 商標権を持っていた齋藤圭太はヤスダの元社員で、ヤスダが作っていたスパイクの熱烈なファンだった。ヤスダの倒産後は創業家から商標を譲り受け、大切な宝物のように守りつづけていたのだった。

 クラウドファンディングでヤスダのサッカーシューズを復活させ、「株式会社YASUDA」を立ち上げた佐藤の挑戦は、「君はホントに、なんにも、知らないんだねぇ」と齋藤にあきれられた、17年の秋に始まった。
 
【関連記事】
軽い方がいいけど、それだけじゃダメ。PUMAに見るサッカースパイク進化論
再動するYASUDA。終わらないYASUDA。
「上手過ぎて笑ってしまう」「永遠に見てられる」CL公式が公開したロナウジーニョのスーパープレー集にファン熱狂!
「やべっちF.C.に取り上げてもらうことが夢でした」放送終了に選手からも嘆きのメッセージ!「デジっちは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ