軽い方がいいけど、それだけじゃダメ。PUMAに見るサッカースパイク進化論

カテゴリ:特集

松尾祐希

2020年08月12日

PUMA最新スパイクの重量はわずか160g

(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 今から20年前。サッカーのスパイクは、レザーの皮が主流で黒を基調とするカラーがほとんどだった。しかし、近年は今までの固定概念を覆すようなシューズが市場を賑わせている。

 足首上まで覆われた靴下のようなスパイクや、靴紐を結ぶ位置を自由に選べるモデル。カラーリングもカラフルで、左右で色が異なるデザインも流行った。そうした流れの中で、現在のトレンドがスパイクの軽量化だ。

 adidas、NIKE、PUMA。世界の主要メーカーは競い合うように“スパイクの軽さ”を追い求めてきた。その理由は、選手がスピードに特化する商品を好むようになったからだ。

 スパイク軽量化の歴史は古い。1998年頃までフィット性を重視したスパイクが主流だったが、2000年を境に大きく流れが変わる。2002年の日韓ワールドカップ前にNIKE社が“マーキュリアル・ヴェイパーI HG”を発表。重さは当時として異例の片足約200gで話題を呼んだ。

 その後、2009年にNIKE社は180gの“マーキュリアル・スーパーフライ”を発売。adidas社も2015年に135gの“アディゼロF50クレイジーライトFG”を世に送り出した。そして、PUMA社も2015年に100gの”EVO SPEED SL”を展開するなど、各社が技術を革新しながら軽量化を進めていった。

 その一方で問題がなかったわけではない。軽量化を求めると、無駄を省く過程の中でフィット感や耐久性が難しくなる。スパイク全体を覆うアッパーにカンガルーなどの天然皮が使えず、今までのような履き心地は求められない。

 アウトソールも往来の技術では簡単に重量を軽くできず、下げた場合は耐久性に難があった。選手が求める軽さ、フィット性、耐久性。その要望に全て答える一足はなかなかできず、様々なブランドが創意工夫を重ねていた。

 そしてこの夏、PUMA社が、新たに重量160g(27cm)のスパイク“ULTRA”を市場に送り込む。PUMA社のマーケティング本部・エナジーマーケティング・アシスタントプロデューサーの福井達矢氏は“ULTRA”について、こう話す。

「私たちが2015年に発売したEVO SPEED SLや他社さんのモデルもそうですが、当時の軽量スパイクはシューズの骨組みに一層のマイクロファイバーをアッパーに貼っているだけでした。なので、単純に負荷に耐えられなかったんです。

『“EVO SPEED SL”は10試合限定』と謳っていたのも、それが理由です。でも、今回は往来の課題をクリアするために、これまでの化学繊維と同等の軽量性を持つMATRYXEVO®(マトリックスエヴォ)という素材をアッパーに用いたんです。

 このMATRIXEVO®️は軽量性に優れたポリエステル素材にケブラー繊維とカーボン繊維を組み合わせた素材メーカーとPUMA共同開発のNEWウーブンアッパー。剛性と弾性を兼ね備えたケブラー繊維がアウトサイド(足の外側)のサポートを強化し、弾性・柔軟性に優れるカーボン繊維が、スムーズな屈曲と優れたボールタッチを生み出します。

 前作のevospeedのアッパーに比べ耐久性が向上した上で、軽量性を確保しています。レザーにはレザーの良さがありますが、MATRIXEVO®️にはレザーにはない良さがあります」
【関連記事】
「タケ効果だ」久保建英の加入初日で50万人突破!ビジャレアルのSNSフォロワー数が爆増
久保建英が入団会見で”過熱する報道”に言及「本当のこともあれば、そうでもないことも…」
「赤いスパイクを履かなきゃ1300万円…」オランダ代表の“元10番”がベティスと結んだ特殊すぎるボーナスが明らかに!
バラエティー豊かなネイマール&グリエーズマンのゴールパフォを一挙紹介!
「お熱いですねー」「ステキな家族」イニエスタ夫妻が六甲山の絶景をバックに披露したラブラブな“キスショット”に反響!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ