久保建英が初先発のテネリフェ戦で前半のみ出場!30M独走ドリブルを披露し、プレースキックも担当

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月26日

2列目の右サイドでプレー

テネリフェ戦で先発し、45分間プレーした久保。 (C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 久保建英が所属するビジャレアルは現地時間8月25日、ムルシアのピナタール・アレーナで行なわれたプレシーズンマッチ2戦目で、かつて柴崎岳(現デポルティボ)がプレーした2部のテネリフェと対戦。2-3で敗れた。

 実戦デビューとなった23日のカルタヘナ戦では、後半頭からトップ下(セカンドトップ)に入った久保は、初の先発出場。4-4-2の右サイドハーフに入った。

 マジョルカ時代の主戦場でのプレーとなったが、序盤はなかなかパスをもらえない。それでも、徐々に周囲と絡みはじめ、30分には小気味よいドリブルでエリア内に侵入するも、味方へのパスをブロックされてしまう。

 これで得たCKや、40分に自らファウルを受けて獲得したFKでは、ダニエル・パレホなどの名手を差し置き、キッカーを務めた。

 最大の見せ場は、43分にバエナのゴールで1点をリードした直後の前半アデョショナルタイムにやってきた。カウンターの流れでボールを受けると、30メートルほどドリブルで独走してエリア内に持ち込みシュート。だが、身体を投げ出したDFにブロックされてしまう。

 前半はこのまま1-0で終了。リードして折り返したビジャレアルは、後半からGKアセンホ以外のフィールドプレーヤー10人を総入れ替え。久保もここでベンチに下がった。

 試合はビジャレアルが46分、51分と立て続けに被弾して逆転を許すと、54分にパコ・アルカセルのゴールで追い付いたものの、64分にパウ・ロペスのオウンゴールで失点。逆転負けを喫している。

 次戦は、8月28日に、同じ州のライバルであるバレンシアと対戦する。1部の難敵を相手に久保は定位置奪取へアピールできるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保が出場したカルタヘナ戦のハイライトはこちら
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ