久保建英の“デビュー戦”をビジャレアル番記者はどう見たのか?「マジョルカとは違うポジションで打開力を披露した」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ハビエル・マタ

2020年08月24日

「脅威となり続けていたが…」

ビジャレアルでの実戦デビューを飾った久保。後半の45分間プレーした。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 タケ・クボがスペイン時間の23日、ビジャレアルでの実戦デビューを果たした。プレシーズンマッチの初戦で、相手は新シーズンから2部を戦うカルタヘナ(昨シーズンは2部B=実質3部)。ビジャレアルは3-1で勝利し、タケは後半45分間プレーした。

 新監督のウナイ・エメリはこの試合、4-4-2を採用。前後半でスタメンを総とっかえし、フェル・ニーニョとジェラール・モレーノと入れ替わる形で、タケはハーフタイム明けからパコ・アルカセルとともに2トップを形成した。

 ただ純粋な2トップではなく、両者は縦の関係を構築。タケは実質、ワントップとして振る舞うアルカセルの後方でプレーし、ポジションを下げて中盤の選手とパス交換したり、サイドに流れたり、状況に応じて自由に振る舞った。

【動画】久保が実戦デビューを飾ったカルタヘナ戦のハイライトはこちら
 
 威力を見せたのはやはり鋭いドリブルだ。最大の見せ場の一つはマーカーをかわして、ゴール前で得意の左足からシュートを放ったシーン。枠を捉えることができず、ボールはクロスバーの上を越えていったが、こうしたゴールに迫るプレーを続けていけば、タケの価値も高まっていくはずだ。

 そのシーンも含めて合計5度に渡って相手をドリブルでかわし、FKを3度獲得。イエローカード1枚を誘発した。カルタヘナにとって脅威となり続けていたが、惜しむらくは詰めが甘かった点だろう。シュートが枠を捉えることができなかったことに加え、パスでも味方の選手と呼吸が合わないことが多く、タケが絡んだプレーはシュートで終わるシーンは限られた。

 もちろんまだチームに加入したばかりで、勝手が違う部分もあるだろうし、マジョルカ時代とは異なるセカンドトップというポジションでプレーしたことも影響したはずだ。

 積極的な仕掛けを見せたが、気持ちが空回りした印象も否めなかった。もっとも、詰めの部分はこれから周囲の選手との連携を高めることで解決していくはずだ。思いきりのいいプレーはまさにタケに求められている役割であり、局面打開力の高さは随所に見せることはできていた。トータルで評価してそのパフォーマンスは初戦としてはまずまずの内容だったと言えるだろう。

 この試合はセカンドトップとしてプレーしたが、今後はマジョルカ時代に慣れ親しんだ右サイドとして起用される可能性も十分にある。コンディションは良好のようで、初戦を終えて心理的にも落ち着いてくるはずだ。次戦の相手は同じく2部のテネリフェ(現地時間25日開催)だ。

文●ハビエル・マタ(アス紙ビジャレアル番)
翻訳●下村正幸
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ