「クボが入って本当に面白くなった」久保建英の実戦デビューをビジャレアル関連サイトが評価!ライバルMFとの“共存”の可能性にも言及

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月25日

随所に持ち味を発揮

23日のカルタヘナ戦で実戦デビューを飾った久保。 (C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 8月10日にビジャレアルへの1年レンタルが決定した久保建英は現地時間8月23日、ムルシアのピナタール・アレーナで行なわれたカルタヘナ(2部)とのプレシーズンマッチ初戦で実戦デビューを果たした。

 3-1で勝利したこの試合で、ウナイ・エメリ監督は2-1で迎えた後半頭から先発11人を総入れ替え。ベンチスタートだった久保は、“後半組”のトップ下(セカンドトップ)に入った。

 1点リードしていたこともあり後半はやや守勢に回ったこと、また控え組だったこともあり、久保はボールタッチ自体が少なかった。それでも、ひとたびボールを持てば、得意のドリブルなどで随所に持ち味を発揮した。

 ビジャレアルのファンサイト『Villarreal Usa』も、久保とダニエル・パレホ、フランシス・コクランという3人の新戦力がデビューしたことを伝えた記事の中で、日本代表MFについてこう綴っている。

「クボが入り、本当に面白くなった。名目上は4-4-2のセカンドストライカーだったと思うが、ピッチではまったくそのようにプレーしなかった。深く落ちてボランチからボールを受け取ったり、左に大きく開いたり、比較的自由に役割を果たしていた」
 
 久保の動きを評価したうえで、記事は「最も重要なのは、クボが左サイドと中央で継続的に適性を示せれば、サムエル・チュクウェゼと一緒にプレーできることになり、非常に興味深い」と指摘。ナイジェリア代表MFのチュクウェゼは、久保と右サイドのポジション争うライバルとして見られている。

 加入からまだ2週間だということを考えても、上々の45分間だったと言っていいだろう。次戦、25日(日本時間26日深夜)に行なわれるテネリフェ(2部)ではどんなパフォーマンスを披露するのか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保が実戦デビューを飾ったカルタヘナ戦のハイライトはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ