【J1採点&寸評】浦和1-2神戸|MOMは今季初先発の伏兵SB!菊池流帆のエンタメ性も評価したい

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月24日

浦和――鮮やかな同点ゴールのT・デンを高評価

【警告】浦和=西川(53分)、レオナルド(90+6分) 神戸=ダンクレー(90+3分)
【退場】浦和=なし 神戸=なし
【MAN OF THE MATCH】初瀬 亮(神戸)

画像を見る

[J1リーグ12節]浦和1-2神戸/8月23日(日)/埼玉

【チーム採点・寸評】
浦和 5

勝利、引き分け、敗戦のどう転んでもおかしくない試合で結果は敗戦。後半に2つの決定機を逸したのが大きく響き、勝点1も確保できず。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6

失点シーンにチャンスはほぼなし。後方でのつなぎや興梠の決定機を導くロングフィードは出色。ただし、飛び出してバウンドを見誤った大ピンチは減点材料。

DF
27 橋岡大樹 5(85分OUT)

ヘディングでの競り合いには強さを見せたが、マイボール時には存在感を欠いた。連戦の疲労を隠しきれていない感がある。

20 トーマス・デン 6.5
2失点もできるだけのことはした印象。ミドルでの同点ゴールはあまりにも強烈で鮮やか。その芸術点として「0.5」をプラスしたい。

5 槙野智章 5.5
最終ラインで身体を張る姿も、守備のコーナーキックで強さを見せる姿もあった。ただ、目の前で決められた先制点の印象が悪い。

6 山中亮輔  5
先制点は槙野との間で小川に反応負け。セットプレーキッカーとして、苦しいゲームで1本なんとかしたかった。
 
MF
7 長澤和輝 5(57分OUT)

ハードワークする姿もあったが、攻撃の最終局面ではプレー精度を欠いた印象。先制点のところでは初瀬に突破を許した。

16 青木拓矢 5.5(57分OUT)
中央をしっかり埋めているという見方もあれば、相手に寄せるか否かのメリハリを欠いたという見方も。攻撃でもう少し前線をサポートしたい。

29 柴戸 海 6
最終ラインからボールを引き出す巧さと、相手とマッチアップした時の局面強度の高さはこの日も健在だった。

41 関根貴大 5(85分OUT)
山中とどちらの問題とも言い難いが、左サイドのコンビネーションで機能性が低かった。単発的な突破を試みるだけになってしまった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ