メッシ、クーマン新監督との“会談リーク”で怒りが増幅!? バルサ上層部と親しいメディアの報道に疑い

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月22日

ファンの半数は退団を予想

バルサ上層部への不信感を募らせているとされるメッシ。想像しえなかった退団が迫っているのかもしれない。 (C) Getty Images

画像を見る

「クラブの内部より外を見ている」

 リオネル・メッシがロナルド・クーマン新監督に伝えたとされる言葉が報じられ、バルセロナのエースを巡る報道はヒートアップするばかりだ。

 ただ、メッシがバルサを去るかもしれないということだけでなく、話し合いの内容があっという間に外部に漏れ伝わったことに驚いた人もいるのではないだろうか。アルゼンチン紙『Clarin』の報道としてスペイン紙『Marca』が伝えたところによると、このリークは、何よりもメッシを怒らせたようだ。

 記事によれば、メッシは前述の発言をしていないからではなく、バルサ上層部が懇意にしているとされる『RAC1』による報道だったことに怒りを覚えているという。同メディアの情報源がクラブオフィスにいると確信し、一連の報道で「最悪の時に船を見捨てた」とメッシのイメージを下げる狙いと疑っているようだ。

 再三にわたり、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長ら首脳陣へ不信感を抱いていると騒がれてきたメッシだけに、母国での報道どおりなら、退団に向かう可能性は高まるかもしれない。
 
 来シーズンのメッシがどこでプレーしているかを問うスペイン紙『As』のアンケートでは、5万8000人超のユーザーのうち、約49%が「バルセロナ」と回答。半数のサポーターが残留と考えていることになるが、裏を返せば、半数は移籍を予想しているということだ。

 もしもバルサを離れる場合、メッシの獲得に動くのはマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン、インテルの3クラブと言われている。『AS』のアンケートでは、約24%でシティ。14%強がパリSG、12%強がインテルと予想された。

 はたして、メッシとバルセロナの関係に終止符は打たれるのか。今後の進展から目が離せない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ