「センセーショナルな言動だ」衝撃の退団示唆!メッシが移籍する可能性のある3クラブは?

カテゴリ:移籍情報

メガクラブ

2020年08月22日

7億ユーロの契約解除金が足枷に

クーマン新監督との面談時に退団を示唆する発言をしたと報じられたメッシ。(C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナの新監督と大エースの緊急会談が波紋を広げている。

 8月19日にキケ・セティエンの後任として、バルサの新指揮官に就任したロナルド・クーマンはその2日後、さっそく休暇中のリオネル・メッシと面談する場を持った。

 就任会見で、「メッシがここに残ることを望んでくれたら嬉しい」と語っていたオランダン人指揮官だが、その目論見は崩れ去ったようだ。

 スペイン紙『MARCA』などが、カタルーニャのラジオ局『RAC1』の情報として伝えたところによれば、メッシは、クーマンにバルサでの将来が明確ではないことを伝え、現行契約により退団が難しいと認識しつつも、「クラブの内部よりも外を見ている」と語ったという。
 
 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は「スペインからのセンセーショナルな言動」という見出しでこの一件を報道。メッシが移籍を示唆したと捉え、現時点で可能性があるのは、インテル、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンの3チームだと伝えている。

 ただ、契約解除金が7億ユーロ(約875億円)に設定されており、この額を支払うクラブを探すのは容易ではないとも綴っている。

 もちろん、契約解除金を満額支払わなくても移籍が成立するケースは多々あり、またメッシが練習や試合のボイコットなど強硬手段に出てバルサに退団を認めさせる可能性もなくないだろう。

 稀代のスーパースターはバルサを離れるのか。少なくとも、その可能性がかつてないほどに高まっているのは間違いないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ