「お前の頭がカツラか見せろ」セビージャの10番が触れた“タブー”にコンテが激高! EL決勝で起きた騒動が物議に

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月22日

微妙な判定をめぐる騒動がキッカケで…

バネガ(右)の挑発に乗ったコンテ(左)はイエローカードを突き付けられた。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月21日、インテルを3-2で撃破したセビージャは、史上最多6度目のヨーロッパリーグ制覇を成し遂げた。

 立ち上がりから激しく打ち合った両軍だったが、2-2で迎えた74分に敵陣で得たFKの流れから最後はブラジル人CBのジエゴ・カルロスが豪快なオーバーヘッド。これが敵FWロメル・ルカクの足に当たってゴールに吸い込まれ、雌雄が決したのである。

 まさに激戦と呼ぶにふさわしい決勝となったわけだが、その最中に起きた騒動が物議を醸している。

 発端となったのは元インテルで、現在はセビージャの10番を背負うエベル・バネガの行動だ。

 1-1で迎えた16分だった。インテルのニコロ・バレッラが敵エリア内で浮き球のパスを出すと、これがセビージャのD・カルロスの左手を直撃。当然、インテル側はPKをアピール主張するも、主審は意に介さない。

 そして、テクニカルエリアで執拗に抗議していたコンテ監督に、バネガが髪に手を当ててからかうようなジェスチャーを見せる。すると、イタリア人指揮官は一気にヒートアップして、相手の10番をまくしたてたのだ。
 
 この時、一体何が起きたのか? イタリア紙『La Gazzetta dello Sport』によれば、審判団に猛抗議する敵将にバネガが「その頭がカツラか本物かを見せてみろ」と挑発。これにコンテが怒ったというのだ。

 コンテ監督といえば以前から植毛が噂され、過去に幾度となくメディアのネタにされていたが、真相が明かされることはなかった。つまり、タブーにバネガは触れてしまったのだ。

 同紙によれば、バネガの挑発に乗ったコンテは、「後でお前を外で待っているからな」と言い放ったという。

 結局、微妙な判定に端を発した騒動は、コンテにイエローカードが提示されて収拾がついたものの、インテル指揮官とセビージャの10番の“対戦”は、世界的な話題となっており、『La Gazzetta dello Sport』は、「信じられない喧嘩だ。カツラのために……」と皮肉っている。

 セビージャに接戦の末に競り負けたインテル。それだけに、コンテにとっては悔しい夜となったはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ