【ACL第1節】G大阪 0-2 広州富力|攻守に精彩を欠き、四冠へ暗雲漂うスタートに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年02月24日

イージーミスで自滅する展開に。

【G大阪 0-2 広州富力】G大阪のフォーメーション。

画像を見る

 すでにプレーオフ2試合を戦い、コンディション面や連係では明らかな充実ぶりを見せていた広州富力が、G大阪の隙に見事につけ込んだ。
 
 開始早々の10分に、G大阪は自陣でのパスミスからカウンターを受けると、昨季の中国リーグで得点ランク2位のハメドアラーが蹴り込んで広州富力が先制する。
 
「先に点を取られて難しい展開にしてしまった」と遠藤が振り返ったが、先制点を奪ったことで広州富力は堅いブロックを自陣に形成し、ハメドアラーの個の力でカウンターを繰り出す戦いを徹底。追う展開となったG大阪は今野の代役としてボランチを務めた小椋のフィット感のなさと、イージーなパスミスの多さで自滅する恰好となってしまった。
 
 後半からは倉田をボランチに投入し、攻勢に出たG大阪だが、頼みのエース宇佐美も単独での仕掛けを強いられる場面が多く、ボールを保持しながらも決定機は皆無に近かった。
 
 80分にはFKが壁に当たる不運もあって、致命的な2点目を献上。攻守に精彩を欠いたG大阪は黒星スタートとなり、目標の四冠へ向け、早くも道の険しさを思い知らされる結果となった。

■試合の結果
G大阪 0-2 広州富力
得点者/G=なし
        広=ハメドアラー、ワン・ソン

今野が負傷離脱し、この日は小椋とコンビを組んだ遠藤。しかし、攻守に連係の乱れが目立つ内容に。

画像を見る

【関連記事】
【ACL開幕プレビュー】G大阪編|今季最重要タイトルの獲得へエース宇佐美の出来が鍵
【G大阪】宇佐美貴史を直撃!!「最初からギアを上げられるかが勝負」
【G大阪】貫録の仕上がりを見せる三冠王者
【G大阪】昨季三冠のリーグ王者が始動
【データで見るACL】韓・中・豪に5勝14敗…日本は一発勝負に弱すぎる?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ