【J1採点&寸評】横浜FC4-2湘南|一美、松浦、松尾が「7」。MOMに選んだのは…

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年08月16日

横浜FC――伊野波の指示と配給はまさに熟練の妙技

【警告】横浜FC=六反(90+3分)湘南=石原(89分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】一美和成(横浜FC)

画像を見る

[J1第10節]横浜FC4-2湘南/8月15日/ニッパツ

【チーム採点・寸評】
横浜FC 6.5
序盤から動きの鈍い相手の隙を見逃さず、20分までに4点を奪取。チャンスを確実にモノにする決定力は見事だったが、後半は守備がややルーズになり2失点。7試合ぶりの勝点3も、押し込まれた時の反発力に課題を残した。

【横浜FC|採点・寸評】
GK
44 六反勇治 6
鼻骨骨折から復帰。ふたつのゴールを許したとはいえ、試合を通じて熱のこもったコーチングでチーム全体を引き締めた。

DF
3 マギーニョ 6.5
イージーミスもあったが、それを上回る集中力の高いディフェンスを披露。最後までアグレッシブに戦い抜いた。

19 伊野波雅彦 6.5(55分OUT)
松浦の先制ゴールの起点となる良質なフィード。スペースを作り出す指示と配給は、まさに熟練の妙技。
 
20 カルフィン・ヨンアピン 6
抜群の対人の強さで敵の侵入をストップ。空中戦でも簡単に負けず。伊野波との連係も問題なかった。

26 袴田裕太郎 6
パスを出すか、自ら持ち運ぶか。その判断が的確だった。ヘッドで弾き返せなかった2失点目の対応が心残りか。

MF
7 松浦拓弥 7(65分OUT)
先制点をねじ込み、PK奪取のシュートを放ち、松尾の2点目をアシスト。3ゴールに絡むハイパフォーマンス。

8 佐藤謙介 6.5
テンポの良いパス捌きでポゼッションを高める働きぶり。チームがボールを握るために、もはや欠かせない存在だ。
 
【関連記事】
【横浜FC】一美和成のPKが“決勝点”に。キッカーの大役はいかにして勝ち取ったのか?
松尾2発に松浦、一美! 圧巻4得点で横浜FCが湘南との“裏天王山”を制す!
【横浜FC】3バックと4バックを「ポジティブに」併用。下平隆宏監督の狙いは?
【湘南】内容は悪くないのに、なぜ1点差に泣くのか。最下位脱出のために不可欠な"改善点"を考える
【湘南】「チームとして受け止めないといけない…」2000年生まれ、19歳GK谷晃生が漂わせる守護神の風格

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ