「永遠に偉大なダイアモンドだ」岡崎慎司が“フットボールの母国”で愛され続ける理由【現地発】

カテゴリ:ワールド

スティーブ・マッケンジー

2020年08月14日

「全フットボーラーの中で誰と飲みたいかを聞かれたら…」

レスターにクラブ史上初のリーグタイトルをもたらした岡崎は、今も現地で愛され続けている。 (C) Getty Images

画像を見る

 どんなチームにも、トップクラスではないものの、違いを生み出す選手が常にいる。2016年にプレミアリーグを制したレスター・シティにおける岡崎慎司は、まさにそういうプレーヤーだった。

 昨夏に出場機会を求めてスペインへと旅立った岡崎だが、「奇跡」と呼ばれたリーグ優勝後もレスターにおける彼の価値は非常に高かった。クラウディオ・ラニエリの退任後に指揮を執った4人の監督の下で、次第にプレー時間が減っていったが、ピッチに立てば、全力で奮闘する日本人FWを何よりもファンが愛していた。

 いまも岡崎をクラブ史上最も勤勉な選手の一人だと考え、「偉大なるタイトルをもたらしたレジェンド」と称えるファンは少なくない。そう評価するのが、レスターのファンだけではないのが、彼の素晴らしさである。

 岡崎は、イギリスのフットボールを愛する人々に、サッカーをする本物の喜びを見せた。全身全霊を尽くしたそのプレーぶりに圧倒された他クラブのファンは、プレミアリーグにおいて稀有と言える、お金のためだけではない情熱的なパフォーマンスをこぞって絶賛した。
 
 忘れることのできない“岡崎評”がある。それは彼の退団が決定的と見られていた昨年4月に、イギリスで24時間にわたってスポーツ情報を発信している『talk SPORT』で、番組MCも務めている元クリケット選手のダレン・ゴフ(バーンズリー・ファン)が語った言葉だ。

「岡崎は良い奴だ。今だって私は、全フットボーラーの中で誰と飲みたいかを聞かれたら、『岡崎!』と答えるね。彼はまさにダイアモンドさ。彼は移籍初年度にプレミアリーグのタイトルを獲得した。その時のレスターに関して大抵の人たちは、カンテやヴァーディー、マハレズの名前を出すが、岡崎の献身的なランニングがなかったらどうなっていたことか」

「私のようなファンが彼を愛するのには理由がある。あのハードワークはまさにレスターの魂なんだ。全てのチームに過小評価をされてしまう選手がいるけど、彼もその一人だと思う。彼はいつまでもファンに愛される。永遠に偉大な選手だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ