Jクラブが視察するトライアウトで圧巻ハット!九国大付FW堀金峻明が急成長を裏付ける大爆発

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2020年08月08日

九州新人大会では納得のプレーが出来ず… その後は多くの大会が中止に

合同トライアウトで大活躍を見せた九国大付の堀金。この春から大きな飛躍を遂げている。写真:安藤隆人

画像を見る

 圧巻のハットトリックだった。熊本県の大津町運動公園球技場において行なわれた『コネクティング・サポート・セレクションin九州(株式会社リトルコンシェル主催)』の初日、高校生の部の20分×4本のゲームで九州国際大付属のFW堀金峻明が大爆発を見せた。

 180cmの高さに加え、ストライドの大きいスプリントを駆使したスピード、シュートのパワーと精度を誇るストライカー。2月の九州新人大会では守備から攻撃に切り替わった瞬間に、抜群の動き出しで相手ディフェンスラインのギャップや裏を突き、ボールを受けるとパワーと巧さを生かしてゴールに襲いかかるプレーは印象的だった。それ以来のプレーを見たが、九州新人大会の時より動きの質、攻撃へ関わる力が大きく成長しているのは明らかだった。

 堀金は1本目に4-2-3-1の1トップ、2本目に4-1-4-1の1トップとして。4本目には4-1-4-1の右サイドハーフとして出場。前線でポストプレーを行なったり、裏に抜け出すプレーを見せながらも、2列目に落ちてボールを捌いたり、ワンタッチで周りを使って動き直したりと、多彩な動きを見せていた。

 1本目、スルーパスに持ち前のスピードで抜け出すとGKが飛び出そうとするタイミングで素早く左足を一閃。ボールはライナーでゴール右下隅に一直線に飛び、慌てて反応したGKの手をすり抜けてゴールに突き刺さった。さらに右サイドを破ったMF川西翼(九州国際大付属)のグラウンダーのクロスに対し、併走したDFの視界から消えるようにファーのスペースに加速し、ダイレクトでゴールに蹴り込んだ。

 そして2本目にもGKの位置をよく見たコントロールシュートを突き刺し、今回の九州の部で唯一のハットトリックを達成した。
「2月の九州大会では納得の行くプレーができなかったので、次の大会で力を発揮しようと思っていたのですが、多くが中止になって本当に悔しい思いをしていました。でもこのトライアウトがあると聞いた時は、絶対に参加したいと思ったし、チャンスだと思ってモチベーションを上げて準備をして臨みました」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ