昌平vs市船の練習試合にJスカウトが多数集結!プロ注目のエースストライカーがラストプレーで決勝弾!!

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2020年07月26日

「再開後の時間がない中で結果は例年以上に求められるからこそ…」

市立船橋との練習試合で決勝点を奪った昌平の小見。プロ注目のFWだ。写真:安藤隆人

画像を見る

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う活動自粛により、埼玉の強豪校、昌平高は2月23日の流経大柏戦以降、対外試合ができていなかった。それからちょうど5か月後となる7月23日に、昌平高グラウンドで市立船橋高を招き入れ、A戦(35分×2)とB戦(35分×2)の練習試合が行なわれた。

 白熱した攻防が繰り広げられたA戦において、勝負がついたのはスコアレスで迎えた2本目のラストプレーだった。センターライン付近でボランチの柴圭汰が鋭い出足でインターセプトをすると、そのまま左サイドを突破してグラウンダーの折り返し。これを昌平のエースストライカー・小見洋太が正確なファーストタッチからGKの位置をよく見て豪快にゴールに突き刺した。

「35分ハーフですが、久しぶりの試合でしたので、最後の方はかなりしんどい部分はありました」

 試合後、小見は久しぶりの実戦に素直な感想を口にした。彼は昨年度の選手権において同じ2年生のプロ注目MF、須藤直輝と前線でホットラインを形成し、ベスト8進出の原動力となった。アジリティとボールコントロールに長け、何より抜群の動き出しで相手の間隙に入り込む動きに、Jクラブのスカウトも舌を巻いた。

 だが、まだ進路は決まっていない。選手権の段階であるスカウトが「高3での成長ぶりを見て判断したい」と口にしていたように、彼は『要注目』の存在ではあるが、即獲得を決定する選手ではなかった。その後コロナ禍でプレーを披露する場所もなく、Jクラブの練習参加も出来ない厳しい状況に置かれたが、彼のプロへの想いは一切変わらなかった。

「僕の中ではプロを第一目標でやっているので、再開後の時間がない中で結果は例年以上に求められるからこそ、休みの期間中もいつ再開してもいいように準備はしておきました。再開後は練習の一つひとつ、こうしたひとつの試合を本当に大切にしないといけないと思っています」

 この試合、ピッチサイド中央に置かれたテントには、多くのJクラブのスカウトが集結した。この試合が『ただの練習試合』ではないことは、その雰囲気からして理解できた。このチャンスをモノにすべく集中して臨む一方で、5か月ぶりの実戦で思っている通りのサッカーができない可能性があることも理解していた。だからこそ、「結果を出すのみ」と彼の中ではっきりとした覚悟が生まれていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ