【横浜】昇格組の松本に勝てず……問題は山積みだ

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2015年02月21日

大黒柱も“大砲”もいない。開幕に向け不安が先行する内容

PSM 横浜対松本の横浜のフォーメーション

画像を見る

終盤のミスから失点を喫したが、今季も中澤と栗原が軸となる堅牢なディフェンスは健在と見ていい。 写真:田中研治

画像を見る

 サッカーの世界では、よくある結末だった。
 
 お互いにチャンスがありながら決め手を欠き、時間だけが過ぎていく。その結果、試合終了間際の後半ロスタイムに大きなミスを犯したのが横浜で、J1に昇格したばかりの松本に金星を献上した。敵将の反町康治監督が「向こう(横浜)が躓いて土俵に転んだ」と話したとおりである。
 
 ただ、リーグ戦本番ではないのだから、ミスと結果を反省しつつも内容に目を向けるべきだろう。エリク・モンバエルツ監督が就任したチームの、開幕2週間前の現在地こそが焦点である。
 
 結論から言えば、「あれ、去年と一緒だね、と言われかねない」(中澤佑二)。
 
 システムはお馴染みの4-2-3-1を採用し、スタメンに並んだ11人も昨季とほとんど変わらない。プロ3年目の喜田拓也をボランチに、そしてユース所属で2種登録の和田昌士が1トップに抜てきされたが、主力選手の負傷離脱による“繰り上げ人事”の印象が強い。
 
 試合ではGKの榎本哲也からショートパスをつないでビルドアップする戦い方を徹底。しかし、これが松本のハードプレスの格好の餌食となった。
 
「かなり狙われていた」と中澤は苦い表情を見せる。本番の公式戦であれば、あそこまで極端にビルドアップに固執することはないだろうが、少なくともこの日はボールを奪われた次のプレーでも、GKからの組み立てを繰り返した。
 
 そこで浮上するのが、大黒柱でビルドアップの中心を担う中村俊輔の不在である。中盤の底に下がって攻撃を組み立てる稀代のゲームメーカーがいないことで、攻撃が効果的に回らない。2ボランチはボールを前へ運ぶ能力が不足しており、これでは2列目の選手の機動力を活かせない。中澤は「ボールを落ち着かせることができるのは彼ならでは」と、あえて中村の特長を話すことで、その不在の影響を表現している。
 
 それでも1トップに、例えばG大阪のパトリックのような身体能力に優れた“大砲”がいれば攻撃の選択肢も増えるだろうが、このポジションは現在最も手薄な状態である。
 
 和田は可能性を秘めたプレーを見せたものの、後半途中から約30分間プレーしたラフィーニャはまだ万全の状態ではなく、伊藤翔もようやく病気が完治した状況だ。
 
 この日は最後の最後にミスから失点したが、中澤と栗原勇蔵を中心とした堅い守備は今季も健在だろう。対照的に、積年の課題である脆弱な得点力に加え、攻撃の組み立てでは力不足が否めない。現時点ではチーム作りが順調とは言えず、リーグ開幕に向けて不安が先行するプレシーズンマッチとなった。
 
取材・文:藤井雅彦(ジャーナリスト)
 
■試合結果■
2015 Jリーグプレシーズンマッチ AED普及マッチ
横浜 0 0-0 1 松本
       0-1
得点者/横=なし 松=鐡戸(90+2)

途中出場から約30分プレーしたラフィーニャは本調子からは程遠く。開幕までにコンディションを上げられるか。 写真:田中研治

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ