【浦和】阿部勇樹を直撃!!「悔しさを晴らすためにも、開幕が待ち遠しい」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年02月19日

「自分たちのサッカーにどれだけ自信を持って戦えるか」。

昨季、あと一歩でリーグ優勝を逃した浦和。キャプテンの阿部は「今年は必ずタイトルを獲る」と力強く誓った:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月19日、都内で「2015Jリーグプレスカンファレンス」が開催され、J1・J2・J3クラブの監督と選手代表が集い、新シーズン開幕に向けて抱負を語った。
 
 そのなかで本誌は、浦和のキャプテン・阿部勇樹を直撃。タイトル奪還への意気込みを語ったショートインタビューをお届けしよう。
 
――◆――◆――
 
――プレスカンファレンスを迎えて。
「いよいよだなという感じですね。他クラブの選手たちが集うなかで刺激も受けますし、開幕が待ち遠しいです」
 
――檀上で山田選手と握手した際は、笑顔も見られましたね。
 
「まさか直輝が来ると思っていなかったので(笑)。(編集部・注/湘南の参加選手が、永木から山田へ急遽変更)。知っている選手だったし、いろんな気持ちが入っちゃいました」
 
――開幕戦で戦う湘南のイメージは?
 
「J2でチャンピオンになって昇格してきたチームなので、勢いはあるはず。そういうチームが相手でもしっかり勝利を奪って(2節の)ホーム開幕を迎えたい。あとは、レッズから移籍してきた選手もいるので対戦は楽しみです」
 
――例年以上に「開幕が待ち切れない」という想いが感じられます。
 
「先にACLが始まることもありますが、昨季を含めてここ数年は悔しい想いをしている。結果を残さなきゃいけないという気持ちはより一層強いので、早く始まってくれないかなという気持ちは強いです」
 
――スタートから勝負に出る?
 
「2ステージ制になるので、その他のクラブもスタートダッシュを狙ってくると思いますが、その上を行けるように戦いたい。キャンプを通じて良い準備はしてきたし、実戦でしっかりプレーできるようにベストを尽くすだけです」
 
――キャプテンとして、今季への決意をお願いします。
 
「皆がチームのためにどれだけ戦えるか、自分たちのサッカーにどれだけ自信を持って戦えるかがタイトルに近づくためのポイントになると思います。良い時はそれを継続して、悪い時は原点に立ち返って修正することも忘れずにしっかり戦っていきたい。ここ数年、結果が付いてこなくて責任を感じているので、今年は必ずタイトルを獲ってサポーターとともに歓喜を味わいたいです」
【関連記事】
【神戸】新たなパートナーと躍進を誓う若きCB
【G大阪】宇佐美貴史を直撃!!「最初からギアを上げられるかが勝負」
【広島】疲労の蓄積から仙台戦で大量失点も…20歳の浅野が放った輝き
【仙台】2トップはどうなる? 緊急事態から生まれたコンビに確かな手応え
【京都】様々な組み合わせを探りながらも地盤の構築は着実に進む

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ