【G大阪】宇佐美貴史を直撃!!「最初からギアを上げられるかが勝負」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年02月19日

チームの勝利にも、自身の代表入りにも「僕の得点が必要」

得点王への意気込みを聞かれ、「あります」と力強く答えた宇佐美。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月19日、都内で「2015Jリーグプレスカンファレンス」が開催され、J1・J2・J3クラブの監督と選手代表が集い、新シーズン開幕に向けて抱負を語った。
 
 そのなかで本誌は、G大阪のエース・宇佐美貴史を直撃。連覇への意気込みを語ったショートインタビューをお届けしよう。
 
――◆――◆――
 
――去年は昇格チームとしてシーズンに臨みましたが、今年はチャンピオンの立場です。
 
「期待もされているでしょうし、だからこそ今シーズンに“跳ね”ないと去年の結果が薄れてしまう感じもします。リーグ戦はもちろん、ACL、ナビスコ、天皇杯とありますが、ブレずに1試合1試合戦っていきたいと思います」
 
――今季は三冠王者として、追われる側になります。
 
「余計なことを考えるとメンタル的にもややこしくなるし、本当に1試合1試合を戦うだけですね。先ばかりを見ず、目の前のことだけをしっかりやっていきたいです」
 
――チームの状況は?
 
「去年よりは仕上がりが良いんじゃないかな、と。最初からどれだけギアを上げられるかが勝負ですね。昨季は後半戦で良い結果を残して優勝できましたが、序盤は苦しみました。でも、最初から良ければもっと楽にタイトルが獲れていたのも事実ですから」
 
――宇佐美選手自身も、昨季序盤は怪我で出遅れました。ただ、そのなかでふた桁ゴールを挙げ、今季は得点王も期待されます。
 
「得点王を獲る意気込みはあります。チームに勝利をもたらす意味でも、自分の代表入りのためにも、僕の得点が必要だと思っていますので」
 
アギーレ監督の時は代表に呼ばれませんでしたが、監督が代わって意識の変化はありますか?
 
「自分のやることは変わりません。課題も変わらないし、そこは追求していきたい。結果を出して、“呼ばれないはずがない”くらいのプレーができれば確実に呼ばれるわけですし」
 
――開幕戦の相手はFC東京です。昨季ブレイクした武藤選手へのライバル意識は?
 
「同い年なので良い刺激にはなります。ただ、今は開幕戦のことはあまり考えていません。ACLもゼロックスもあるので、まずはそこに向けてしっかり準備していきます」
 
 
【関連記事】
【広島】疲労の蓄積から仙台戦で大量失点も…20歳の浅野が放った輝き
【仙台】2トップはどうなる? 緊急事態から生まれたコンビに確かな手応え
【神戸】新たなパートナーと躍進を誓う若きCB
【柏】4年ぶりの凱旋試合――大津祐樹が放つ異色の輝き
【セルジオ越後の天国と地獄】ACLで優勝したいなら、他にやるべきことがあるはずだ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ