【神戸】新たなパートナーと躍進を誓う若きCB

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2015年02月19日

岩波「自分のところでどれだけ奪えるかが大事に」

今季から背番号を5を担う岩波。チームの主軸としての活躍が求められる。

画像を見る

 ネルシーニョ監督を招聘し、クラブ初のタイトル獲得を目指す神戸。渡邉千真、安田理大ら即戦力を補強し、パワーアップに成功したチームのなかで、最終ラインのキーマンになりそうなのが新たに背番号5を背負う岩波拓也だ。
 
 新シーズンに向けたトレーニングでは随所に果敢なディフェンスを披露している。その背景にはネルシーニョ監督から求められる「前への意識」があるという。
 
「守備面で昨季と違う点は(相手の)FWが中盤に引いても付いていき、自分で潰すという点です。ボランチの横まで出て行くこともありますし、今までは受け渡していた部分も自分で潰す。今年はどんどん前にボールを取りに行く守備が特長ですね。そこを監督に一番求められています」
 
 もともと高いフィード能力を持つ岩波が、より前でボールを持てれば、それはチームの大きなチャンスへとつながる。その点は本人も理解しており「高い位置でボールを奪えれば、良い攻撃に移れます。自分のところでどれだけカットできるかは大事になってくる」と力強く語る。
 
 また、注目なのはCBを組む可能性が高い新たな相棒、高橋祥平の存在だ。今季、大宮から加入した新戦力について岩波は「最初は怖いイメージだったんですが、慣れてきたら結構可愛いです(笑)。歳も近いし、仲が良いのでやりすい部分がある」と語る。
 
 その高橋とはプライベートでも一緒に過ごす時間が長くなっているという。
「子どもが可愛いんですよ。何回か会ったことがあって。意外と良いパパですよ。見た目と車はヤンキーですけど(笑)」
 
 昨季はシーズン序盤にレギュラーとしてチームの躍進を支えるも、後半戦はベンチを温めることが少なくなかった。その分、今季に懸ける想いは強い。リオ五輪を目指すU-22代表の主力も務めるためハードなスケジュールも強いられるが、指揮官から求められる新たなスタンス、そして新たな相棒とともに光り輝く準備は着々と進んでいる。
 

新加入の高橋(中央右)との連係も日に日に高まっている。プライベートでもともに過ごす時間が長いという。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ