広島、大迫敬介の積極性が招いた2失点…。それでも20歳GKのチャレンジに期待したいワケ

カテゴリ:Jリーグ

寺田弘幸

2020年07月09日

「そこにチャレンジできるのが敬介のいいところなんだよ」

逆転負けを喫した大分戦。失点に関与した大迫だが、彼の魅力はそこにある。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1リーグ3節]広島1-2大分/7月8日/エディオンスタジアム広島

 昨年度まで5年間、サンフレッチェ広島ユースの監督を務めていた沢田謙太郎コーチに、大迫敬介のことをGKとしての特徴からパーソナリティにまで突っ込んで話を聞いたことがある。

 そのときに沢田コーチが、大迫の魅力を嬉々とした表情で話してくれたことがとても印象に残っている。

「アイツの一番いいところは、ガッと思い切って出て行けるところ。出て行ったのはいいけどキャッチし損なってそのボールを相手に拾われることもあるけど、そこにもガッと詰めていける。そこまで行ける身体の強さがあるし、絶対にやらせないっていうメンタリティも備えているからね。

 もしGKが一人でゴールを守ろうと思えば、ゴールマウスにへばりつくのが得策になるでしょ。それだと止められる範囲を止めることしかできないけど、みんなでカバーし合って守ろうと思えば、シュートを打たれる一つ二つ前のところにGKがチャレンジできる。そこにチャレンジできるのが敬介のいいところなんだよ」

 沢田コーチの言葉を頭の中に置き、逆転負けを喫した大分戦の失点を振り返っていこう。
 
 85分に同点に追い付かれた場面こそ、大迫が大迫らしくチャレンジした場面だったと言える。左サイドからディフェンスラインとGKの間のスペースに三竿雄斗が蹴り入れたボールは、高さ、コース、スピードのすべてが絶妙だった。荒木隼人の背後を突いた髙澤優也に対して、井林章のカバーも間に合うか分からないタイミングだったことを思えば、大迫の飛び出した判断は悪くないように思える。

 トップスピードで走りながら落下地点を見極めた髙澤のプレーを称えるべきだが、GKが飛び出してゴールマウスを空けて失点した場合、それは判断を誤った失点ということになる。

 この失点がショックだったことは間違いないだろうが、大迫はファイティングポーズを取り続けていた。2分後には髙澤のボレーシュートに対し、ビッグセーブで防いでチームを救ったが、冷静さを保つことはできていなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ