• トップ
  • ニュース一覧
  • 【松本】新生“布・山雅”が 甲府戦で見せた「修正力」と中断中に深化させた「戦術の幅」

【松本】新生“布・山雅”が 甲府戦で見せた「修正力」と中断中に深化させた「戦術の幅」

カテゴリ:Jリーグ

大枝 令

2020年07月06日

久保田和音と鈴木雄斗を同時に投入で勝負をかける

途中投入され、流れを呼び込んだ鈴木。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J2リーグ3節]松本1-1甲府/7月4日(土)/サンプロアルウィン

 開始直後の失点は確かに、目を覆いたくなるようなものだった。ホーム開幕戦に臨んだ松本山雅FC。試合の入りに警戒するよう確認し合っていたにもかかわらず、開始2分に3バックの中央を甲府FWジュニオール・バホスにやすやすと破られて失点した。これには布啓一郎監督も「ショッキング」と言わざるを得なかった。

 そもそも前節までの2試合はオーソドックスな4-4-2を採用。CB橋内優也の故障離脱や甲府の攻撃陣の強烈さなどを考慮し、中央を手厚く3枚のセンターバックで固めるゲームプランだったはずだ。その目論見が早々に崩れたのは誤算と言うしかない。しかも19分には3バックの左に入った187センチの常田克人が負傷交代。まさに「泣きっ面に蜂」とも言える状態だった。

 しかし、この苦境からの修正力は目を見張るものがあった。
 
 勝負をかけたのは62分。MFの久保田和音と鈴木雄斗を同時に投入し、3-4-2-1から3-1-4-2に組み替えた。もともと先制後の甲府ディフェンスは前からアグレッシブに来ず、構えて要所をはね返す手法。システム変更によりアンカー藤田息吹が自由を得て前を向く回数が増えただけでなく、杉本太郎と久保田が相手の2ボランチを引きつけて2トップにボールが入る頻度も増えた。

「すべてが完璧だったわけではないが、相手ゴールに迫る回数を増やすことができた。並びを変えた部分も大体思っていた状況を作ることができた」と指揮官。ただでさえサイズでは甲府より劣っている中、184センチのボランチ塚川孝輝を下げる決断はリスクも大きい。しかし勝負に出た結果、思い描いた通りの状況をピッチ上に生み出し、松本の攻勢はさらに強まった。

 甲府が修正で後手を踏んだのにも助けられ、ほぼハーフコートの一方的な展開とする。甲府の伊藤彰監督は実際、「ワイドにパワーを持って3枚で中央を…とも考えていたが、自分の(交代の)タイミングが遅かった。(左右ウイングバックも含めた)5枚だったらクロス対応もできた」と唇を噛んだ。
 
【関連記事】
【J再開後の注目株|松本】中断期間で鍛え直したフィジカルと技術。18歳のドリブラーは一見の価値あり!
【松本】食べ物も喉通らず極限の状態に…今季全てを出し切った反町監督。8年長期政権の終焉が持つ意味
【セルジオ越後】Jリーグの“新様式”に選手はイライラ? 再開マッチで印象に残ったのは五輪世代の…
「リアルキャプテン翼だ」リーガ公式が公開した久保建英の“超絶スキル集”に絶賛の声!「若手ナンバー1」
「クボにしがみついている」久保建英頼みのマジョルカの現状を地元紙が指摘!「誰もが認めるリーダーになった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ