「クボにしがみついている」久保建英頼みのマジョルカの現状を地元紙が指摘!「誰もが認めるリーダーになった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月06日

「クボの重要性は飛躍的に高まっている」

34節のアトレティコ戦でも孤軍奮闘した久保。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 現地時間7月3日に開催されたラ・リーガ第34節で、久保建英が所属するマジョルカは、“ビッグ3の一角”アトレティコ・マドリーとのアウェーゲームに臨み、0-3の完敗。これで再開後の7試合で1勝1分5敗となり、残留圏まで6ポイントと崖っぷちに追い込まれている。

 この試合でも久保は孤軍奮闘。42分には、敵左SBマヌ・サンチェス、MFコケを立て続けにかわしてゴールに迫るなど小さくないインパクトを残した。

 ここ数試合、攻撃が久保頼みになっているのは明らかだ。実際、マジョルカの地元紙『Diario de Mallorca』は「久保にしがみついている」と題した記事で、その点を指摘している。

「コロナウイルスによる再開後、マジョルカは、この日本人のセンセーショナルなパフォーマンスに依存している。そのスピードとドリブルの能力のために、チームの攻撃は彼の足下を通過する」
 

 さらに記事は、「タケ・クボは、誰もが認めるマジョルカのリーダーになった」として、こう綴っている。

「ビセンテ・モレーノの監督のシステムにおけるクボの重要性は、飛躍的に高まっている。まだ19歳と若いにもかかわらず、彼はプレッシャーを感じているようには見えず、試合で主人公になろうと常に努めてきた」

 この若きサムライ戦士が名実ともにマジョルカの中心になっていることを伝えた『Diario de Mallorca』は、こう締めくくっている。

「クボの働きは、リーグ戦の残り4試合で非常に必要だ。プリメーラ(1部)残留は、その成功に大きく依存する」

 久保は自らの手でマジョルカを奇跡の残留に導けるか。まずは、現地時間7月9日に行なわれるレバンテ戦の活躍に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】敵DFヒメネスが激怒!久保建英の圧巻2人抜きドリブル

【動画】久保建英を待ち伏せしてユニホーム交換をするラフィーニャ(3時間2分~)

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017~2020

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ