【識者が推す若手ブレイク候補5選】“名前がカッコイイ”攻守ともに頼れる町田の20歳ボランチ! 内田篤人以来の俊英にも期待

カテゴリ:Jリーグ

西部謙司

2020年07月03日

川崎の新システム機能は田中碧にかかっている

西部氏が評価する田中(左)、佐野(中央)、鈴木(右)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J2・J3リーグが約4か月の中断期間を経て6月27日に再開・開幕を迎え、J1リーグもついに7月4日から再開する。今季は過密日程を考慮し、交代枠を5名まで拡大したレギュレーションで行なわれるため、若手選手にとっては出場機会が増える絶好のシーズンとなるだろう。
 
 ここではJ1・J2・J3で戦う東京五輪世代までを主な対象とし、イキのいい若武者5選手を識者がピックアップ。今回はスポーツライターの西部謙司氏に厳選していただいた。再開後のJリーグでブレイクスルーが期待される若手プレーヤーはいったい誰か。選出理由とともに紹介していく。
 
―――◆――◆―――

 

1 佐野海舟(町田/MF)
【選出理由】
 まず名前がカッコイイ。テクニックに優れ、試合を読む力があり、攻守ともに頑張れるボランチだ。どのチームにもひとりはいそうなタイプだが、20歳で要のポジションをやっていることに注目したい。日本の若手はテクニックが良くても、インテンシティなど体力面でJのレベルに達していないケースが多かったが、最近は即戦力の若手が増えてきた。佐野はその代表格だが、東京ヴェルディのMF藤田譲瑠チマはさらに若い18歳。こちらも名前がカッコイイ(最初、読めなかったが)。
 
2 田中 碧(川崎/MF)
【選出理由】
 すでに昨季ブレイクした選手だが、今季は4-3-3システムのアンカーという重責を担う。インサイドハーフのいる4-3-3は、このポジションに適性のある選手が多い日本には向いているのだが、一方でアンカーの素材が少ないという問題があった。
 
 田中はパスワークに優れ、運動量もあり、球際の強さもある。川崎にはインサイドハーフ向きの選手が多いので、4-3-3が機能するかどうかは田中にかかっている。
 
3 鈴木冬一(湘南/MF)
【選出理由】
 ボールタッチに独特の雰囲気がある。動きにキレもある。ただ、とらえどころのない選手だ。左ウイングバックでプレーしているが、このポジションが最適なのかもよく分からない。プレーぶりが飄々としていて、それが魅力で長所でもあるのだが、発展途上感も強かった。しかし今季は貫禄がついてきて、正確なクロスボールは湘南の重要な攻め手になっている。大化けする可能性を感じさせる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ