マジョルカの元指揮官と現第2監督が語る久保建英の“リアル評”「バルサ出身特有のパスセンスとマドリーの選手らしい…」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

エル・パイス紙

2020年06月30日

「タケはしょっちゅう質問攻めをしてくる」

レンタル先のマジョルカで、久保はいまや中心選手に成長した。(C) Getty Images

画像を見る

 昨夏に久保建英がマジョルカに加入してから最初の1週間、監督のビセンテ・モレーノと第2監督のダニ・ペンディンは、一抹の疑問を抱いていた。この日本人ニューフェイスが、ロッカールームにスムーズに溶け込めるかどうかという点についてだ。

 現在のマジョルカは、2部B(実質3部)時代からともにプレーしてきた選手たちが主力を占める。一方の久保は、約4年間カンテラに在籍したバルセロナを蹴ってレアル・マドリーを選んだというバックボーンに加え、そのマドリーでのプレシーズンマッチで18歳とは思えない実力を披露し、大きな注目を集めていた。

 ともにマジョルカの残留のために手を携えて戦うことになったが、久保はまるで異なる銀河から舞い降りてきたようなオーラを纏っていた。しかし、ふたりの不安は完全に杞憂に終わった。ダニ・ペンディンが述懐する。

「初めて話をした時に、われわれの不安は吹っ飛んだ。タケの受け答えは、26歳の大人のようにしっかりしていた。わたしには19歳の息子がいるんだが、タケのほうがずっと年上に感じるよ」
 
 さらにダニ・ペンディンは、Bチームの選手を比較対象にしてこう続ける。

「トップチームに選手が不足すると、Bチームから若手を呼ぶ。彼らと話をしていると、こちらをじっと見ているだけで、はたしてわたしが説明した内容を理解しているのか疑問に思うことが少なくない。

 その点、タケはまったく異なる。人の話を注意深く聞き、考え方もオープンだ。しかもしょっちゅう質問攻めをしてくるんだ。セットプレーとかポゼッションとか内容は多岐に渡る。とにかくタケは好奇心が旺盛だよ。ミスをしたくないという向上心の表われでもあるだろう」

 その熱意の甲斐もあって、久保のマジョルカにおける重要性は日増しに高まっている。この第2監督は、「いまやマジョルカに欠かすことのできない選手だ。開幕当初は後半からの途中出場が続いたが、そこでアピールして重要な存在になった」とその成長ぶりに目を細める。
 
【関連記事】
「久保建英とハメスを入れ替えたい」ジダン監督の意向をスペイン・メディアが報じる!「驚異的なペースで成長」
“精密機械”クロースが久保建英に苛立ち!らしくなかった“無謀タックル”
「お金を払って観る価値がある」久保建英、来季はソシエダで“ノルウェーの神童”と共闘か?「可能性は高い」
「現時点で有力候補は2クラブ」久保建英の去就をマドリー番記者に直撃!トップチーム入りの可能性は何%?【現地発】
黄金世代・播戸竜二氏が最も衝撃を受けた選手は?「ヤットより、さらにミリ単位で繊細なパスをくれた」
「19歳のメッシより上」スペインの名物記者が久保建英を大絶賛!「ラモスがアマに見えた」
「最もプライオリティーが高い」ミランが久保建英の獲得に動く!? 地元メディアが“実現性”を分析

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ