「現時点で有力候補は2クラブ」久保建英の去就をマドリー番記者に直撃!トップチーム入りの可能性は何%?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

セルヒオ・サントス

2020年06月23日

多くのクラブがレンタル元のマドリーに獲得を打診

今夏の去就に注目が集まっている久保。(C) Getty Images

画像を見る

 マジョルカの久保建英の周辺が日増しに騒がしくなっている。ラ・リーガ挑戦1年目の今シーズン、欧州サッカーへの驚異的な適応力を見せている若きサムライに対しては、この数か月の間に多くのクラブがレンタル元のレアル・マドリーに獲得を打診している。

 しかしだからこそマドリーの首脳陣は来シーズンのレンタル先を仔細に吟味しており、様々な条件を鑑みたうえで、現時点で久保に提示する腹積もりなのがレアル・ソシエダとミランのオファーだ。

 久保の成長に対して誰よりも驚きと喜びを持って見守っているのは他でもないマドリーの首脳陣だ。才能と将来性を見込んで昨夏に獲得に踏み切ったわけだが、スペインではフベニールの年齢に当たる19歳。当の本人たちもさすがにここまでスムーズに適応できるとは想像していなかった。

 事実、昨夏プレシーズンキャンプが始まった時点では2部B(実質3部)に所属するカスティージャで1年間プレーさせる構想だったが、プリメーラクラスの実力をアピールしたことで急遽レンタルさせる方針に舵を切った経緯がある。

 そして1年足らずの間にその移籍先として選択したマジョルカでもチームの枠に収まらない輝きを見せており、次のステップとして今度はヨーロッパカップ戦に出場するクラブを条件に移籍先を検討しているのだ。
 
 マドリーはレンタル修行中の若手に対して、シーズン中も密に連絡を取り合う方針を取っている。久保ももちろんその例に漏れないが、その中で首脳陣が評価しているのが意見を素直に聞き入れる柔軟性だ。

 あらゆる決定事柄が双方の話し合いのうえで進められており、代理人などの取り巻きの人間の意見を優先し、2019年冬に入団して以来、すでに3度クラブからのレンタル移籍の提案を断っているFWブライム・ディアスとは対照的だ。久保のそうした姿勢をマドリーが構築するキャリアルートを辿りながら順調な成長を見せているマルティン・ウーデゴーと重ね合わせる幹部は少なくない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ