• トップ
  • ニュース一覧
  • 【大宮】“再開初戦”の千葉戦へ向け「手応えがある」「元気や勇気、感動を与えられるようなプレーを…」

【大宮】“再開初戦”の千葉戦へ向け「手応えがある」「元気や勇気、感動を与えられるようなプレーを…」

カテゴリ:Jリーグ

松澤明美

2020年06月26日

準備期間を経て「手応えがある」と指揮官

練習再開後の準備期間中は新しいことにも着手し、連動性は高まったようだ。写真:徳原隆元

画像を見る

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中断されていたJリーグ。約4か月ぶりとなる再開を6月27日に控え、大宮アルディージャの高木琢也監督、キャプテンの三門雄大、近藤貴司、奥抜侃志がオンラインでのメディア合同インタビューに対応。チームの仕上がりや再開初戦となる千葉戦への意気込みなどを語った。
 
 待ちに待った日を前に高木監督はここまでを振り返り「一瞬一瞬、一日一日が、大切にやっていかないといけない時間だったと改めて感じた」と話す。サッカーができる環境が整ったことへの感謝と喜びを味わいながら、「コロナウイルスの収束ではない。いつまた情勢の変化が出てくるか分からない状況」と引き続き、細心の注意を払って戦う構えだ。

 大宮は6月4日に全体練習を再開し、完全非公開でトレーニングしてきた。4週間弱の準備期間について、高木監督は「手応えがある」と頼もしい第一声。「取り組みのなかでいろいろなことがクリアになった」と収穫が得て、三門も「全選手がいいコンディションでいると思う。そこに関して不安はない」と充実した時間を過ごせた。

 新たな取り組みにも着手しており、指揮官は「選手の役割が整理をされたなかで、プレーができるようにはなったかな」とうなずく。連動性が高まったようで、三門は「今年の大宮はここが変わってきたなとか、3人目、4人目の関わりが出てきたなと思ってもらえるようなプレーが見せられるといい」と試合を見る側の好奇心をくすぐった。

 近藤も「立ち位置のところや近くの選手と目を合わせる機会だったり、連動して動く形がすごく増えた」と三門同様、チームの現状に満足そう。目指すサッカーが「身体に染み込んできて、こうなったらこうとかあまり考えずにやれている」と言い、攻撃のイメージを描いて「面白いサッカーになっていく」と納得の表情を浮かべた。
 
【関連記事】
【千葉】新井一耀が見据える“再開初戦”大宮戦の理想プラン「先手を取って、ブロックを作って…」
【6/27再開】Jリーグ再開初戦の日程・放送予定をチェック!
J2再開初戦で達成可能な記録は? 福岡MF鈴木惇が通算350試合出場へ! チームでは岡山が次節勝利で…
【J再開後の注目株】開幕戦でベンチ入り!大宮の18歳ルーキー・髙田颯也に漂う大器の片鱗
【番記者コラム】大宮の歴史に強烈なインパクトを刻んだ「不敗街道」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ