玉田圭司が選ぶJ歴代ベスト11「目指すは究極のサッカー!一番思い入れが強い選手は…」

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年06月06日

MFを選び過ぎたのでフクさんは最終ラインに

玉田が選んだベスト11。もっとも思い入れの強い「MY BEST PLAYER」にはストイコビッチを挙げた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 柏や名古屋などを経て、現在は長崎で活躍する元日本代表FW玉田圭司に「Jリーグ歴代ベストイレブン」を訊いてみた。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。プロ22年目の熟練ストライカーが選んだ11人は――。

――◆――◆――

 歴代と言うと幅が広すぎるので、今回はすでに引退をしていて、僕がクラブチームで一緒にやりたかった選手を選びました。他にも候補に挙がる選手はたくさんいるかもしれないですけど、パッと出てきたのがこの11人です。

 直感的に選手を選んでしまったので、システムを決めるのは難しいですね。2-7-1かな。実際に試合をしたらどうなるか予測がつかないですけど、ポゼッション100パーセントの究極のサッカーを目指します。

 GKは(川口)能活さん。日本を代表するGKと言えば、僕の中では能活さんかナラさん(楢崎正剛)ですけど、ナラさんとはグランパスで一緒にやっていたので、今回は能活さんに即決しました。
 
 DFのひとりは中澤(佑二)さん。中澤さんはオールラウンド。高さもあるし、足も速いし、対人も強い。すべてを兼ね備えたDFです。「中澤」で言えば、中澤聡太にしようかも迷いました……あ、これ冗談です(笑)。

 もうひとりはフクさん(福西崇史)。MFを選び過ぎたので、フクさんには最終ラインに落ちてきてもらいます。色んなポジションができるのも魅力ですからね。そしてなによりすごく嫌らしい選手でした。今ではなかなか経験できないほどの激しさだったので、強く印象に残っています。

 中盤の中央は3人。アンカーに山口モト(素弘)さん、左に名波(浩)さん、右に(小笠原)満男さん。山口モトさんは「ザ・ボランチ」という感じ。僕がプロ入り前からこの人を見ていて学んだのは、首を振ること。とにかく周りを見て、ポジショニングを取っていた。こういう選手が中盤をやるんだなと感じました。

 名波さんは相手の急所を突くのが本当に上手い。対戦すると、こっちの嫌なことを簡単にやってくるんですよね。満男さんは高校で対戦した時から思い出に残っています。大船渡は全国的なチームではなかったんですけど、そのなかで飛び抜けていたのが満男さんでした。それからのちに代表で一緒にやらせてもらって、改めて賢い人だなと思いましたね。
【関連記事】
玉田圭司が選ぶJ歴代最強チーム「なによりメンバーが豪華。プロのトップレベルを痛感」
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11「“魅せる”がコンセプト!でも言い争いが絶えないかも」
セルジオ越後が選ぶJ歴代ベスト11「他の10人も”別格”と認めるだろうベストプレーヤーは…」
大久保嘉人が選ぶJ歴代ベスト11「憲剛さんは“別格”。ヒデさんは強烈だった」
ワッキーが選ぶJ歴代ベスト11「言いたいことはひとつ『ファンタジーで楽しませて』」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ