【移籍市場超速報】ドゥンビア、イバルボ、そして最終ラインも!? ローマが積極補強を展開

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年02月02日

キリケシュ獲得はクラブ間での提示額に開きがあり成立は微妙か。

技術とスピードに優れた攻撃プレーヤー、イバルボ。ミラン戦(写真)でも素晴らしい動きを見せていた。 (C) Getty Images

画像を見る

 ローマは、ミランに移籍したマッティア・デストロの後釜として、CSKAモスクワからコートジボワール代表のセイドゥ・ドゥンビアを獲得した。
 
 本命と見られていたルイス・アドリアーノは、移籍手続きの問題などで来夏に交渉を持ち越すことになった模様。それもあって当初、ドゥンビアについては買い取りオプションつきレンタルでの移籍(レンタル料200万ユーロ、移籍金1200万ユーロ)になると見られていた。
 
 これが最終的に移籍金1500万ユーロ(3年分割払い)での完全移籍となったのは、いったんはレンタルで合意に達したものの、1月30日になってトッテナムがより好条件のオファーをCSKAに提示したことで、ローマもそれに対抗せざるをえなかったのだ。なお、ドゥンビアとの契約は2019年までの4年半となる。
 
 そのドゥンビアとともに現在はアフリカネーションズ・カップに出場中のジェルビーニョに加え、ファン・マヌエル・イトゥルも先週末のエンポリ戦で故障してウイングが手薄になってしまったローマ。そこで急きょ、コロンビア代表ビクトール・イバルボ(カリアリ)に白羽の矢を立てると、1日で交渉をまとめ上げた。
 
 移籍形態は買い取りオプションつきレンタルで、今シーズン末までのレンタル料は250万ユーロ、オプション行使時の移籍金は1250万ユーロ。ちなみにカリアリは、イバルボの後釜として、スタンダール・リエージュからベルギー代表FWポール=ジョセ・エムポクの獲得を決めている。
 
 さらにローマは、レアンドロ・カスタンの復帰が遅れている最終ラインにも、ルーマニア代表ヴラド・キリケシュ(トッテナム)を獲得するべく交渉を進めており、すでに選手サイドとは合意に達している。
 
 しかし、トッテナムとの交渉では双方の提示額に150万ユーロの開きがあり、残り1日で合意に達するかは微妙な状況だ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野 道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ