サンプドリア エトー獲得が内定 & 主人公にしたドキュメンタリー映画の制作も

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年01月19日

引退後は幹部としてクラブに残る道も。

エトーの獲得を決めたサンプドリアは、彼を主人公としたドキュメンタリー映画の制作も構想しているという。 (C) Getty Images

画像を見る

 サンプドリア移籍で合意したサミュエル・エトーの契約の詳細が明らかになった。
 
 期間は2016年6月までの30か月契約で、年俸は150万ユーロ(約2億1000万円)。引退後は幹部としてクラブに残る道も開かれている。
 
 さらに、映画プロデューサーを本業とするサンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長は、エトーのサンプドリアでの日々を題材にしたドキュメンタリー映画の制作も企画しているという。
 
 現時点ではエバートンの会長の最終的なOKが出ていないが、それ以外についてはすべて合意が成立済み。イタリア入りして契約書にサインするのは今週後半になる見通しだ。
 
エトーに続いてムリエルの獲得も決定
 
 サンプドリアは、1月16日にエトーの獲得をほぼ決めたのに続いて、17日にはコロンビア代表FWルイス・ムリエルの獲得についても、ウディネーゼと最終的な合意に達した。
 
 先週の段階で一度は移籍交渉がまとまり、メディカルチェックまで漕ぎ着けていたが、そこで筋肉系の小さな故障が見つかったため、ウディネーゼに条件面の見直しを求めていた。
 
 最終的に移籍金1050万ユーロ(約14億7000万円)+ボーナス150万ユーロ(約2億1000万円)――15-16シーズン末までに30試合以上出場した場合――という条件で、改めて合意を見出した模様だ。さらにサンプドリアには、ウディネーゼからCBアンドレア・コーダも無償で移籍する。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
【移籍史上超速報】ミラノ-ジェノバの長距離通勤!? エトーはサンプドリア移籍に前向き
エトー獲得へ サンプドリア、代理人との接触を続ける
セリエAは折り返しへ――ミラノ勢の凋落が顕著となった前半戦
【移籍市場超速報】インテル 中盤強化へ、M・スアレスの獲得に希望 etc.
【移籍市場超速報】ラツィオ、オランダU-21代表フート獲得に向けて交渉が進展

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ