【移籍市場超速報】ジョビンコ放出のユベントスはマトリ獲得へ

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年02月02日

本命といわれていたオスバルドはインテルとの交渉難航で断念。

これまで8つのクラブを渡り歩いてきたマトリ。“安住の地”を見つけることができるだろうか。写真はユベントス在籍時の2012-13シーズン。 (C) Getty Images

画像を見る

 セバスチャン・ジョビンコがMLS・トロントFCへの移籍を当初の7月から1月に早めたことに伴い、ユベントスは後釜のFW獲得に動き、アレッサンドロ・マトリ(ジェノア)を獲得する意向を固めた。
 
 もし正式に決まれば、マトリにとっては1年半ぶりのユベントス復帰となり、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下でプレーするのは、カリアリ、ミランに続いて3度目となる。
 
 ユベントスは当初、昨シーズン在籍したパブロ・オスバルド(インテル)を第一候補として動いていたが、保有権を持つサンダーランドから交渉権を委ねられたインテルが、レンタル料として50万ユーロを要求するなど交渉がスムーズに進まず、期限までに話がまとまらないおそれがあった。
 
 一方のマトリについては、保有権を持つミラン、所属先のジェノアともすでに了承済みで移籍に関してハードルがないことから、最終的にこちらを選ぶという結論になった。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野 道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ