「デア・クラシカー」でバイエルンのキミッヒが打ち立てた、驚きのクラブレコードとは?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年05月28日

測定が始まった13-14シーズン以降の最長記録

ドルトムント戦でクラブレコードを塗り替えたキミッヒ。(C) Getty Images

画像を見る

 ドルトムントとの「デア・クラシカー」で値千金のゴールを決めたバイエルンのヨシュア・キミッヒが、その試合で偉大な記録を打ち立てた事実が明らかになった。
 
 5月26日に開催されたブンデスリーガ第28節で、首位を走るバイエルンはアウェーで2位ドルトムントと対戦し、1-0で勝利を飾った。これで7連勝とした絶対王者は宿敵との勝点差を「7」に広げ、ブンデス8連覇に向けて大きく前進した。
 
 この試合でリーグ選定のマン・オブ・ザ・マッチに輝いたのがキミッヒだ。中盤の底でフル出場したダイナモは、43分に相手GKを嘲笑うかのような華麗なループシュートを決めただけでなく、攻撃の組み立てや中盤のフィルター役としても機能し、奮迅の働きを披露した。
 
 データサイト『Opta』によると、この日攻守のあらゆる局面に顔を出したこのマルチプレーヤーは、13.73キロの走行距離を記録。この数値はブンデスリーガでトラッキングデータの測定が始まった13-14シーズン以降における、バイエルンのクラブレコードだったという。
 
 リーグ中断明けでコンディションが万全ではない点、(アウェーとはいえ)無観客試合で士気を高めてくれるサポーターが不在だった点を踏まえれば、驚くの記録といっていいだろう。ドルトムント戦後、自身のハードワークについて聞かれたヒーローはこう答えている。
 
「このような大一番では、あえてモチベーションを上げる必要はない。とにかく走るだけだ」
 
 ハンジ・フリック監督も「素晴らしいメンタリティーの持ち主」と絶賛する25歳のMFが、バイエルンのブンデスリーガ8連覇、そして悲願のチャンピオンズ・リーグ制覇の鍵を握っているのは間違いない。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
ハノーファー好調のキーマン! 原口元気の“献身”はチームの底力になっている【現地発】
「ルーニーは狂ったように飲む」「ジェラードは裸で…」元プレミア戦士がスターたちのナイトライフを暴露!
「あんたの息子がコロナになれと…」「ボロボロになる」現役プレミア戦士もSNSでの“誹謗中傷”被害を告白!
「少し大人しい」古巣ザルツブルク指揮官が分析した南野拓実の“特徴”とは? 「何も与えられないとしても…」
“ガラスの天才”がアーセナル時代を回想! ペップに「がっかり」、退団の理由は「エメリのバイブス」?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ