「ルーニーは狂ったように飲む」「ジェラードは裸で…」元プレミア戦士がスターたちのナイトライフを暴露!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月28日

「飲まない選手なんて数えるほど」

ロダジェガはマンチェスターやリバプールの街に近いウィガンで3年半を過ごした。(C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグのレジェンドたちのナイトライフを暴露したのが、ウィガンやフルアムでプレーしたFWウーゴ・ロダジェガだ。

 現在はトルコのデニズリスポルに所属する元コロンビア代表の34歳が、友人のコロンビア人MFヨハン・アランゴとのインスタグラムライブの中で語った内容を、英紙『The SUN』が伝えている。

 3年半を過ごしたウィガン時代に、イングランドの北西部で暮らしていたロダジェガは、“夜の街”でスター選手と遭遇したようだ。

「マンチェスターでウェイン・ルーニーが狂ったように酒を飲んでいるのを何度か見た」

 そう明かしたベテランストライカーは、同じく元イングランド代表の英雄であるスティーブン・ジェラードについても、「バーで、上半身裸で踊っているのを目撃した」という。
 
「彼らも人間であり、何の問題もない。酒を飲まないサッカー選手なんて数えるほどだ。みんな飲みに出ているんだ」とフォローしたロダジェガ自身も、夜遊びが好きなようだ。

「僕も酒とダンスを楽しんでいる。サルサダンスが大好きなんだ。フットボーラーであることは分かっているけど、僕らだって人間なんだ」

 そのジェラードはスコットランドの名門レンジャーズで監督を務め、ルーニーはダービーで選手兼コーチとなり、指導者の道を見据えている。両雄は、やはり選手の夜遊びは大目に見るのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「C・ロナウドと同じぐらい重要だった!」「彼を忘れない」ルーニーが元韓国代表の“レジェンド”を大絶賛!
「どの監督よりも学べた」「解任はショックだった」名手ルーニーがファーガソンよりも“憧れた指揮官”を告白!
プレミアで“期待外れ”に終わった11人の大物FWを英紙が選定!「初ゴールまで34試合もかかっては…」
“給料泥棒”や“史上最低”など汚名を残した男たち――英熟練記者が選ぶプレミア過去20年のワースト11【現地発】
大久保嘉人が選ぶJ歴代最強チーム「得点王になれたのは川崎のおかげ。公園で遊んでいる感覚やった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ