「少し大人しい」古巣ザルツブルク指揮官が分析した南野拓実の“特徴”とは? 「何も与えられないとしても…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月28日

「すごい外交的な人間という訳ではない。だが…」

ザルツブルク時代に南野(左)を指導したマーシュ監督(右)が、その特徴を語った。 (C) Getty Images

画像を見る

 今年1月に鳴り物入りでリバプールへ加わった南野拓実は、いまだその真価を発揮しきれずにいる。

 約5年間に渡って在籍したレッドブル・ザルツブルクから移籍金765万ポンド(約10億7100万円)でレッズの一員となった南野。だが、初のプレミアリーグ挑戦であるうえ、サディオ・マネ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノという世界でもトップクラスのタレントが顔を並べる攻撃陣での競争は激しく、公式戦7試合で0ゴール・0アシストと苦戦している感が否めない。

 しかし、古巣ザルツブルクの指揮官であるジェシー・マーシュ監督は、「人々が彼の資質を完全に理解するには時間がかかる」と、日本代表FWのポテンシャルに太鼓判を押している。

 ザルツブルクのポッドキャスト番組『Blood Red』で、46歳のアメリカ人監督は、南野を指導した経験から、その特徴を次のように説いている。

「タキ(南野の愛称)は少し大人しくて、すごい外交的な人間という訳ではない。だが、彼は優れた個性を持っているよ。彼は誰よりも早い時間にやってきて、ジムにいる。それで他の選手とも友好的で、みんなから好かれている」
 
 さらに「彼は素早く物事を判断し、素早くボールを動かせる。ゲームの仕組みを理解しており、一緒にプレーするのが楽しくなる選手だ」と南野のピッチ上での特徴も説明したマーシュ監督は、リバプール移籍後に本人と話した内容を明かしている。

「リバプールで彼は幸せだよ。トレーニングは施設も含めて良いし、チームメイトたちも良い人たちだと話していた。きっとタキは毎日成長するために出来る限りのことをやるはずさ。アメリカ人の私は、ここ(ザルツブルク)でドイツ語をかなり勉強しなければいけなかったし、タキには苦労もかけた。今度は彼が私の立場になる番だ(笑)。でも、彼は何も与えられないと分かっていても、それがどんな理由であっても全力で取り組むはずさ。それが彼の信条というものだからね!」

 ジョーク交じりながらも、南野のプロフェッショナルな姿勢を称えたマーシュ監督。果たして、南野はかつての恩師からの期待に応えられるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「サラーやマネは無理でも、フィルミーノになら…」ザルツブルクの恩師、南野拓実の飛躍に太鼓判!
「襟がイヤだ!」「すべてが無理」南野拓実も着用するリバプールの来季ユニホーム画像が流出! ファンはげんなり
「ミナミノは優れた戦力になれる」元プレミア得点王が南野拓実に太鼓判! いまだノーゴールも期待されるワケは?
“給料泥棒”や“史上最低”など汚名を残した男たち――英熟練記者が選ぶプレミア過去20年のワースト11【現地発】
英熟練記者が選ぶプレミア過去20年のベスト11「C・ロナウドのパートナーに選んだのは――」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ