アジアカップ2015

日本はアギーレを信じるべきだ――旧知の『マルカ』紙記者が綴る

カテゴリ:日本代表

ファン・カストロ

2015年02月01日

スペインでは起訴に関する公式な文書が存在しない。

告発が受理されたか否か、スペインでは公にされないという。アギーレについても正式な発表は現時点ではまだないようだ。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ハビエル・アギーレを取り巻く状況は、1か月で大きく変わることになった。
 
 なによりも、アジアカップで早期敗退に終わった後のスポーツ面だ。ベスト8に終わったことで、アギーレに対する日本国内の世論はさらに厳しいものとなっている。
 
 もっとも、例のレバンテ対サラゴサ戦に関する一連の八百長疑惑に関しては、原稿執筆の現時点で進展はほとんどない。
 
『マルカ』紙など多くのスペインメディアが、アギーレへの告発が受理されたと報じているが、現時点で正式発表はなく、それが事実であるかどうか確認されていないのだ。
 
 スペインの法システムは日本のそれとは大きく異なる。スペインでは、告発が受理され、起訴されたかどうかを公式に発表する義務がない。事実を知るのは、弁護人を含むいわば当事者だけだ。
 
 多くのスペインメディアがアギーレを含む42人が起訴されたと報じたその情報源は、42人の関係者ということになる。しかし、それらの情報をもって公式に起訴されたという判断はできない。
 
 いずれにしても重要なのは、起訴と有罪は決してイコールではないということだ。有罪か無罪かが決まるのは、その後の長いプロセスを経てからのこと。アギーレは起訴されている可能性もあるが、仮にそうだとしても有罪というわけではないのである。
 
 その意味で、「まだアギーレの告発は受理されていない」という日本サッカー協会の大仁会長の発言は、現時点ではまったく正しいし、適切な言葉だろう。多くの日本メディアが、まるで有罪が確定したかのように煽り立てるなか、協会は実に正確で的確な捉え方をしているように映る。
 
 前述のように、スペインでは起訴に関する公式の文書が存在しない。それを念頭に置いての発言だったはずだ。
 
 日本代表監督を務めるアギーレはスペイン国外の在住という事情もあり、複数の選手が証言を行なった昨年10月の事情聴取には呼ばれなかった。しかし、今回の八百長に関する公判が始まれば、バレンシアのその法廷で証言をしなければならないのは確実だ。
 
 それでは、証言はいつになるのか。これに関しても正確な予定というものはなく、予想するのは難しい。2月という報道もあるが、最新の情報から判断すれば、早くて3月というのが現実的な線だろう。スペインの法プロセスには多大な時間がかかり、世界的に見ても進行が遅いからだ。
 
 この件に関する捜査、そして判決までは約1年かかると見られている。その後、有罪となった場合は控訴の手続きなどが踏まれる見込みで、それらを考慮すると最終的に決着がつくのは2017年頃だ。
【関連記事】
【識者のUAE戦考察】5つの視点で論じるアギーレ采配
【UAE戦会見】アギーレ監督「我々は勝利に値するサッカーをした」
【アギーレ監督八百長疑惑】アジアカップ中は静観の構え
「マレティーネス」の世界のタフな現実 アギーレの八百長疑惑をサッカー文化的側面から考える
アギーレに捜査の手は及ぶのか? 関与が疑われる「サラゴサ八百長疑惑」の全容

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ