【横浜】再開後の過密日程で存在感を発揮できるか? ニューカマー山本義道への期待感

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2020年05月03日

「J1でどれだけできるかが楽しみ」

エアバトルや対人守備に絶対の自信。ビルドアップの能力が上がれば、レギュラー奪取も見えてくるはず。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月11日の新体制発表会で、山本義道は次のように豊富を語っていた。

「自分がどれだけやれるか。J2では、できたと言ったらおかしいけど、手応えはあった。だから、J1でどれだけできるかが楽しみ」

 今季の横浜F・マリノスの新戦力のひとり、山本は昨季までJ2の金沢でプレー。2018年のルーキーイヤーから出場機会を掴み(13試合・1得点)、プロ2年目の昨季は不動のCBとして40試合・3得点の成績を残す。迎えたプロ3年目、J1のチャンピオンチームに新天地を求めた。

 ある意味、予定通りのステップアップだ。金沢に加入した当初から、「2年でJ1に行く」と自分の中で目標を立てていたという。

 金沢での2年間で、DFとして順調に力をつけてきた。「金沢はどちらかと言えば守備的なチームで、守備をしっかりやらないといけなかった。そこは、みっちりと金沢でやってきたつもり」。持ち味は高さと対人の強さ。球際で激しく戦えるタイプで、「相手の起点となる選手にボールが入った時、潰しに行く。それは金沢でもやっていて、F・マリノスでもそういう守り方だと思うので、そこは自信を持って潰しに行けると思う」と自信をのぞかせる。
 
 もっとも、『アタッキング・フットボール』を掲げる“超攻撃的”な横浜では、CBにはビルドアップでの貢献も求められる。最終ラインでしっかりとボールをキープし、味方を前向きにさせる効果的な縦パスを供給する。ライン設定の高い横浜のスタイルについて「面白いサッカーをする」と期待を膨らませ、「あとはここで攻撃のことを学びたい」と意欲的だ。

 加入後、しばらくしてから話を訊くと、「(横浜のサッカーには)慣れましたけど、自分のコンディションをもっともっと上げていかないといけない」と表情を引き締める。戦術面の理解も進み、「あとはどれだけ適応できるか」とやる気を見せた。

 山本自身、横浜にその身を置き、さらなる成長を予感しているのではないだろうか。「自分たちがボールを持っている時間が長いので、“サッカーをやっているな”って感じます」と意気軒高だ。
 
【関連記事】
【J1全18クラブのホーム勝率ランキング】トップは驚異の60%超え。昨季優勝の横浜は…
【担当コラム|横浜】喜田拓也の揺るぎない“チーム愛”、そして仲間を信じる心
【番記者コラム】チームの“最適解”を導き出した扇原貴宏の進化
【横浜】サッカーから離れ不安を隠せない仲川輝人が今、最も心を痛めていることは…
【藤本淳吾は今どうしている?|前編】ガンバ、京都を契約満了。「“ゴール”は見えている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ