対戦成績から探る「J1全18クラブの相性」前編|“昨年王者”横浜には天敵が

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年04月27日

仙台は浦和戦でとことん分が悪い

前編では札幌、仙台、鹿島、浦和、柏、FC東京、川崎、横浜、横浜FCの9クラブを検証。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 どんな人にも得意・不得意があるように、サッカーチームにもまた相性がある。

「この相手にはいつも良いイメージで臨める」

「なぜかこのチームには、毎回やられてしまう」

 実際に試合後の囲み取材で選手や監督からも何度かそんな言葉を聞いたことがある。そこで今回は、各クラブの相性を過去の対戦成績から探ってみた。対象はJ1の全18クラブ。対戦成績の内訳はJ1とJ2のリーグ戦のみ(チャンピオンシップやJ1昇格プレーオフなどを除いたレギュラーシーズンの試合)のものとした。

 前編では、札幌、仙台、鹿島、浦和、柏、FC東京、川崎、横浜、横浜FCの9クラブを検証する。

――◆――◆――◆――◆――

北海道コンサドーレ札幌

「近年は清水と鳥栖に高い勝率」

対戦相手(対戦成績) 直近5試合の成績(○勝△分●敗)
仙台(16勝9分12敗)○△○●●
鹿島(1勝3分12敗)●△●●△
浦和(7勝4分9敗)○△●○△
柏 (7勝2分12敗)●○○●●
FC東京(6勝3分11敗)○△○●△
川崎(0勝5分17敗)●●●△●
横浜(2勝1分13敗)●○●○●
横浜FC(10勝9分12敗)●△○○●
湘南(15勝10分12敗)○○△●○
清水(8勝1分9敗)○●○○○
名古屋(7勝1分6敗)○○○●○
G大阪(5勝4分9敗)○○△△●
C大阪(9勝5分9敗)●△△○●
神戸(8勝4分10敗)●●○○○
広島(5勝3分10敗)△●△○●
鳥栖(19勝6分18敗)○○○○○
大分(7勝5分8敗)△△●●●

 目につくのは川崎との相性の悪さだ。ここまでリーグ戦では1勝もできておらず、1999年からの22試合で完封したのはわずか1度のみ。その攻撃力に圧倒されてきた。一方で、近年高い勝率を誇るのは清水戦と鳥栖戦。清水には2006年以降は7勝1敗で、昨年8月には8-0の大勝を収めてもいる。鳥栖には2017年12月から5連勝中だ。
 
ベガルタ仙台

「浦和戦では興梠が天敵に」

対戦相手(対戦成績) 直近5試合の成績(○勝△分●敗)
札幌(12勝9分16敗)●△●○○
鹿島(7勝2分15敗)●○●●●
浦和(3勝10分15敗)●●△△●
柏 (9勝6分9敗)○○△○○
FC東京(9勝2分15敗)●○○○●
川崎(5勝9分18敗)●△●●△
横浜(6勝9分9敗)△●●●△
横浜FC(9勝8分5敗)○△○●○
湘南(22勝9分11敗)○○○●△
清水(8勝4分10敗)△△○●○
名古屋(9勝5分9敗)○●○○△
G大阪(5勝6分11敗)△●○○●
C大阪(9勝11分8敗)○●△●△
神戸(10勝6分10敗)●△●●●
広島(7勝7分11敗)○●○○●
鳥栖(23勝6分21敗)○○●○●
大分(7勝1分10敗)△○○●○

 柏相手には劣らないものの、最も分が悪いのは浦和だ。2010年からの3年間は負けなしだったものの2013年からは1勝しかできていない。その主因は、天敵・興梠慎三の存在。なんと14試合で15ゴールを許してきた。堅固な守備組織の構築に定評がある木山監督が就任した今季は、“興梠対策”を徹底したい。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ