中村敬斗のターニングポイント――ガンバ時代に並々ならぬ闘志を持っていたゲームとは?

カテゴリ:Jリーグ

飯間 健

2020年04月23日

おびただしいほどの熱量を持った青年が立っていた。

果敢にドリブルを仕掛ける中村敬斗。秋田戦のプレーには、闘志が漲っていた。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 日陰に入ると、まだ肌寒さを少し感じる頃だった。19年5月5日、吹田スタジアム。そのピッチには、おびただしいほどの熱量を持った青年が立っていた。G大阪U-23の一員として出場したJ3秋田戦は彼のターニングポイントになったのかもしれない。現在オランダ1部トゥベンテでプレーするFW中村敬斗である。

「最後のところを決め切りたかった。でもパフォーマンスはまずまずだったし、今日の試合に出られたことは良かったと思う」

 チームは3-1で勝利。35分過ぎと試合終了間際には決定的なシュートも放った。食野亮太郎(現スコットランド1部ハーツ)の8本に次ぐ5本のシュート。ノーゴールに終わったことには唇を噛んだが、左サイドからの仕掛けは攻撃を活性化させて2点目の起点にもなった。そして鬼気迫るプレーから一転、試合後の彼はさわやかな顔でこう言った。

「あとは影山さん(影山雅永監督)が決めること。僕は待つのみですね」
 一点突破に賭けた一戦だった。19年の中村が掲げた目標のひとつは、ポーランドで開催されるU-20ワールドカップ(5月23日~6月15日)に出場することだった。だが3月の欧州遠征には選出されず。4月の直前合宿でも招集されなかった。扉は閉じられつつあった。

 風向きが変わったのは、U-20代表の主力と目されていた久保建英(マジョルカ)と安部裕葵(バルセロナB)がA代表に招集されるという情報だった。A代表は6月にキリンカップとコパ・アメリカへの招待参加が予定されていた。久保と安部は上のカテゴリーに招集され、U-20ワールドカップには出場しないかもしれない、と噂になっていた。

 もし、ふたりが不在ならばドリブラーが必要になるかもしれない――。中村はそう感じていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ