イニエスタのシャビ絶賛ツイートを発端に“クラシコOB戦”開催の機運! カシージャスやセスクが意欲

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月07日

審判やメンバーリストの作成まで話が及び…

神戸でプレーするイニエスタ(左)が日本から送ったメッセージがキッカケで思わぬ方向へ話が発展し……。 (C) Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響により、各国リーグが中断し、自宅待機を余儀なくされたフットボーラーたちによる交流が盛んになっている。

 そんななかスペインでは、バルセロナとレアル・マドリーのレジェンドたちがファンをアツくする計画を打ち出し、大きな話題を呼んでいる。

 事の発端は、ヴィッセル神戸でプレーするアンドレス・イニエスタのつぶやきにあった。

 かつてバルサで異彩を放ったスペイン・サッカー界の至宝は、現地時間4月5日にラ・リーガの公式ツイッターが「彼のプレーを見るのは甘美なことだ」と記してアップしたシャビ(現アル・サッド監督)のバルサ時代のプレー集に、「毎日、5メートルの距離から見るのは、もっと美しかったよ……」とコメントした。
 

 すると、この一言にバルサ時代の同僚である元スペイン代表DFのカルレス・プジョールが反応。「シャビと君を数メートル後ろから見ていた感覚は、誰にも想像できないさ」とメッセージを送った。

 このやり取りに加わったのが、バルサの宿敵マドリーで長きに渡って正守護神を務めたイケル・カシージャスだ。スペイン・サッカー連盟の会長選に立候補するレジェンドは、「いや、本当に素晴らしいんだけど……」と書き出し、こう綴った。

「僕はそんな君たちと何度も対戦することになったんだ。もちろん、代表では味方でもあったけどね! ありとあらゆる出来事があった……。とにかくとんでもなかったよ! この悪夢が過ぎ去った後には、過去の伝説たちを集めてビンテージ・クラシコを開催しないとだね! 困窮している人たちへの募金活動としてだ」

 ファンにはたまらないレジェンド版クラシコの開催提案だ。思わぬ発展ぶりだったが、イニエスタは、「招集リストをつくってよ。もちろん僕のことも入れてね! バルセロナの方は僕に任せて」とやる気を漲らせる。バルセロナでプレーしたセスク・ファブレガス(現モナコ)も、「OK! じゃあ審判は誰にしようか?」と参加し、実現に向けて話が盛り上がったのだ。

 果たしてレジェンドたちによるクラシコは、実現するのか――。欧州、とりわけスペインでは多くの国民が新型コロナウイルスによって窮状に立たされているだけに、開催となれば、人々を勇気づける一戦となるのは間違いない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ