「とても心配」「重要なのは寄付をすることでは…」イニエスタが母国スペインの深刻なコロナ禍を危惧。現地メディアへ悲痛な想いを吐露

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月04日

「重要なのは最前線で戦っているプロたち」

母国メディアの取材に、イニエスタはスペインの深刻な状況を危惧した。(C) Getty Images

画像を見る

 感染者が11万人、死者が1万人を超えるなど、新型コロナウイルスによる被害が深刻なスペイン。ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタも母国のこうした状況に心を痛めているようだ。『Radio Marca』に語った内容を『Marca』紙が伝えている。

「スペインから届くニュースに、とても心配しています。家族や友人とも話しました。一日でも早く、通常の日々が戻ることを願っています。日本から手助けしたいですし、医療に従事している方が、ベストを尽くせるようにしていきたい」

 実際にイニエスタは先日、故郷アルバセーテの病院に医療用器具を寄付したことが明らかになっている。
 
「私は救世主ではありません。重要なのは最前線で戦っている(医療の)プロであり、私たちにできるのは、彼らが少しでも働きやすくなるように手助けし、貢献することだけです。大切なことは、寄付をすることではありません。そうしようとする心を持ち、行動しようとすることです」

 同僚の酒井高徳と神戸のトップチーム関係者2名からコロナウイルスの陽性判定が出たため、2日には「キャプテンとして、この病気の影響を直接受けた選手、スタッフ、そして不眠不休でこの状況を改善すべく日々取り組む社員を全力で応援します。今は注意を払い、責任を持った行動をする時です。体に気をつけて注意喚起に従ってください」とのコメントを発表していたイニエスタ。何か自分にできることはないか。そんな思いで日々発信を続けているのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「我が家の女王様だ!」イニエスタが愛娘の9歳誕生日を“アツすぎるキス”で祝福!
イニエスタ&ビジャを超えるコンビは?Jリーグが「連係から生まれたシュート本数」ランキングを発表!1位に輝いたのは…
「先が見えない状況だ」神戸のフィンク監督がドイツ紙に語った、酒井高徳の状態と日本の“コロナ禍”
プレミアリーグが「無期限の延期」と「全選手の給料30%カットの勧告」を発表!下部リーグなどに約200億円の寄付を実施へ
「マドリーは日本人デュオの爆発を夢見る」久保建英&“ピピ”中井卓大のトップ共演への期待感を現地メディアが特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ