【WSD編集長コラム】ポグバ×B・フェルナンデス=? プレミア再開後のマンUに寄せる大きな期待

カテゴリ:ワールド

加藤紀幸(ワールドサッカーダイジェスト)

2020年03月26日

B・フェルナンデス加入後は7勝3分けの負けなし

ポグバ(左)と新加入のB・フェルナンデス(右)が同時にピッチに立った時、どんな化学反応が起こるだろうか。 (C)Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響によって中断を余儀なくされている欧州主要リーグの再開は、はたしていつになるか。もはや見当もつかない。

 とにかくいまは、新型コロナウイルス感染者の健康回復と事態の早期終息を祈るばかりだが、キックオフのない週末の時間を持て余している海外サッカーファンも、少なくないだろう。欧州サッカーの再開を待ち侘びながら、終盤戦に向けて想像を膨らませるのも悪くはない。

 気になっているのが、プレミアリーグで5位につけるマンチェスター・ユナイテッドだ。2月以降のチーム状態は、明らかに上向いている。大きな貢献を果たしているのが、冬の移籍マーケットにおいて「5500万ユーロ(約68億7500万円)+2500万ユーロ(約31億2500万円)のインセンティブ」で獲得したMFのブルーノ・フェルナンデスだ。

 事実、このポルトガル代表の攻撃的MFが加入して以降のマンUは、カップ戦を含め7勝3分けの負けなしだ。しかもプレミアリーグでは、チェルシー(26節/2-0)とマンチェスター・シティ(29節/2-0)を下してもいる。
 クオリティーとインスピレーションが不足し、リーダーを必要としていたマンUは、トップ下から攻撃を牽引するB・フェルナンデスの加入で明らかに変わった。際立っているのは、10試合で3得点・4アシストと決定的な場面に絡んでいる仕事ぶりもさることながら、効果的なフリーランや、ハードワークを厭わない献身性、時間とスペースが限られた状況下でも瞬時に最適解を見出せるインテリジェンスだ。そのプレーからは、パッションと覚悟も感じ取れる。

 19年3月からマンUを率いるオレ・グンナー・スールシャール監督が取り戻そうとしているのは、スピードとイマジネーションに富んだ攻撃的な伝統のスタイルだ。いわば原点回帰を掲げる指揮官のそのフットボールにフィットすることを、そして新たなリーダーになりうる人材であることを、B・フェルナンデスは加入直後に示してみせたのである。

 見てみたいのは、そして想像してしまうのは、ポール・ポグバとの共演だ。ピッチ上でどんな化学反応が起こるのか。足首の怪我で長期離脱しているポグバの復帰時期は、4月上旬頃と伝えられる。リーグ再開のタイミングには、おそらくピッチに戻ってこられるはずだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ