東京五輪の延期はリバプールにとって朗報?「サラーと南野拓実が自由になった」と地元紙が報じる!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月25日

サラーの招集は濃厚視されていた

移籍後ノーゴールの南野。ハードスケジュールとなりそうな終盤戦に期待だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月24日夜、安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が電話会談。東京オリンピックが1年程度延期することが決定した。

 これを受けて、リバプールの地元紙『Liverpool echo』は、「オリンピックの延期が、モハメド・サラー、タクミ・ミナミノ、そしてリバプールに影響を与える」という見出しで記事を掲載。この決定が、レッズにとって追い風になると報じた。

 記事が伝えたところによると、エースのサラーについては、予選突破を決めているエジプトのショーキー・ガリブ五輪代表監督は先日、次のように語っていた。

「オーバーエイジ3人のうち、サラーだけは決めている。単純に世界のトップ3に入るプレーヤーだからだ。まだ彼とは話していないが、正直なところ、オリンピックのメンバーに入るには、彼からの(クラブへの)働きかけも少し必要になるだろう」
 
 また、南野拓実については、「日本のファーストチョイスのストライカーであり、彼も7~8月に母国での大会に出ることが期待されていた」と紹介。今シーズンが大幅な延期(現在のところ4月30日まで)となったことで、7月までずれ込む可能性もあり、「イングランドのフットボールのカレンダーがどうなるかにより、プレミアリーグの試合になるのかプレシーズンになるかはわからないが、いずれにしても(オリンピックがなくなったことで)サラーと南野は自由になった」と綴っている。

 もちろん、1年後にまた同じ問題が起こる可能性もあるが、この夏は異例のスケジュールとなりそうなだけに、貴重な戦力を引き抜かれずに済んだリバプールにとって、五輪の延期はやはり朗報だったと言えるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ