「文句を言うのは勝手だけど…」クロップ監督の戦術批判にアトレティコDFが反論!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月21日

「真っ向勝負を挑めば、0-6で負ける」

リバプールと何度も対戦いた経験があるトリッピアーだからこそ、その強さは身に染みて感じていたはずだ。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間3月11日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16の第2レグで、アトレティコ・マドリーは延長戦の末にリバプールを3-2(アグリゲートスコア4-2)で撃破。難攻不落の敵地アンフィールドで、昨シーズン王者を沈めたのだった。

 右SBで先発したキーラン・トリッピアーにとっては、喜びもひとしおだっただろう。トッテナムに所属していた昨シーズン、CL決勝の舞台でこのリバプールに0-2で敗れているからだ。ちなみにその時の会場は、現在の本拠地であるワンダ・メトロポリターノだった。

 そのイングランド代表DFは、英紙『Mirror』の取材に対し、リバプール戦の試合後に敵将ユルゲン・クロップがアトレティコの守備的な戦術に苦言を呈したことに反論している。

 ドイツ人指揮官は、「こんなことを言うのは、“バッドルーザー”」と認めながらも、こうコメントしていた。

「なぜアトレティコはあれほどのクオリティーがありながら、あんなサッカーをやるんだ。コケ、サウール、ジョレンテがいるんだ。適切なサッカーができるのに、90分間、深く守ってカウンター狙いだ。気分が悪い」

 トリッピアーは、「僕たちが守備的だと思っている人がいるみたいだけど、リバプールとの戦い方にこだわりすぎてるんじゃないか」と言ってこう続けた。

「あそこ(アンフィールド)に行って、リバプールに真っ向勝負を挑めば、0-6で負けるだろう。それを期待している人がいるとは思えない」

「守りすぎと評論家は文句を言うけど、僕らがアンフィールドでリバプールのような攻撃サッカーをするとでも思っていたのか?」と、ご意見番やメディアの意見にもチクリとやり、大切なのは結果だと強調した。
 
「計画を立てて乗り込む必要があった。それを実行したんだ。守らなければいけなかったが、最も重要なのは、勝ったことだ。文句を言うのは勝手だけど、あのような試合にはプランが必要なんだ。リバプールはチャンスを逃し、僕らは2試合とも勝った。やり遂げたんだ」

 もっとも、クロップ監督も、「アトレティコは勝利に値する。おめでとうと言いたい」と、敵を称えることも忘れていなかった。その言葉通り、プレミアリーグでトップを独走するレッズを打ち破った戦いぶりは、称賛に値するものだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ