「本当にプロ?」「リバプールの真似を…」「史上最悪のCK」ミュラーの“ありえないキック”が盛大にイジられる

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年03月04日

一旦はキミッヒに譲る素振りを見せたが…。

CK失敗で赤っ恥をかいたミュラー。(C)Getty Images

画像を見る

 まさに赤っ恥をかいたのが、バイエルンのトーマス・ミュラーだ。
 
 現地時間3月3日のDFBカップ準々決勝(シャルケ戦)、52分だった。右コーナーキックのスポットに立ったミュラーは、一旦は後方から走ってきたヨシュア・キミッヒにキッカーを代わる素振りを見せる。
 
 しかし、中央でスペースが空いていることに気が付くと、CKスポットに戻ってボールをキック。ただそのボールは、無残にもゴールラインを割ってしまう……。プロフットボーラーらしからぬ凡ミスに、ミュラーは思わず頭を抱えて倒れ込んだ。
 
 40分にキミッヒが挙げたゴールでバイエルンは1-0でシャルケを下したが、やはりミュラーのCKは散々いじられた。SNSには以下のようなコメントが並んだ。
 
「史上最悪のCK」
「アレクサンダー=アーノルドにようにはいかなかったな」
「本当にプロなのか?」
「リバプールの真似をしたんだな」
「ありえないキック」
「伝説のストライカー(ゲルト・ミュラー)と同じ名前の選手とは思えない」
「誰にでもミスはあるが、これは…」
「9歳の息子の試合で、似たようなシーンを観たことがあるよ」
「クイックなCKは誰にでもできるもんじゃないんだな」
「今週で最悪のCKで間違いなし」
「なんてこった…」
「もうCKはチームメイトに任せよう」
 
 昨シーズンのCL準決勝セカンドレグ(バルセロナ戦)で、リバプールのトレント・アレクサンダー=アーノルドが見事に成功したクイックCKと似ていたため、それと比較する声も目立った。
 
 普段はキミッヒらが担っているバイエルンのCKだが、今後はミュラーが担うことはないかもしれない。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ