前代未聞の“試合放棄”! 相手オーナーへの侮辱バナーを掲げた自軍サポにバイエルンの選手たちが憤怒

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月01日

カーンら幹部も下りてくる異例の事態に

サポーターにバナーを下げるように諭すバイエルンの選手たち。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間2月29日に開催されたブンデスリーガ第24節のホッフェンハイム対バイエルン・ミュンヘンの一戦で、前代未聞の光景が広がった。

 開始2分のトーマス・ミュラーの先制点を皮切りに、バイエルンがゴールラッシュを決め込み、6-0として試合の趨勢が定まっていた66分過ぎだった。主審のクリスティアン・ディンゲルトが突如して笛を吹いて、試合を中断すると、アウェーサポーターが陣取ったスタンドを指さしたのだ。

 場内が騒然とするなか、ディンゲルト主審が指を向けた先で、バイエルン・サポーターは、以前からブンデスリーガの伝統に反する投資力でのチーム強化を進めてきた“成金オーナー”と揶揄されているホッフェンハイムのディートマー・ホップ氏に対して、「ホップは売春婦の息子のまま」などと侮辱するバナーを掲げたのだ。

 これを見たバイエルンのハンス・ディーター・フリック監督や選手たちは、サポーターを強い口調で叱責した。

 その後、試合は再開されて約10分間続行されたが、アウェーサポーターが再びバナーを掲げたことで77分に再中断。今度はハサン・サリハミジッチSDや執行役員のオリバー・カーンなどバイエルンの幹部たちもサポーターのところへ駆けつけ、ファンに侮辱をやめるよう伝える異例の事態となった。

 ようやくバナーは下げられ、77分からリスタートされたが、憤慨した両軍の選手たちはピッチ中央に集まって、ただボールを回したり、リフティングをして、時間を浪費。残された約13分間を“放棄”したのだ。

 前代未聞とも言えるこの行為を、欧州メディアは大きく取り上げている。

 スペイン紙『Marca』が、「主審、両チームの選手たちは、過激派に対して『ノー』を突き付ける最良の選択をした。歴史的かつ模範的な振る舞いだった」と綴れば、英メディア『Talk Sport』は、「クラブのレジェンドであるカーンまでが、自分たちのファンに怒りをぶつけた。バイエルンのスタンドはあまりに愚かだった」と非難した。

 バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOも怒り心頭だ。ドイツ衛星放送『Sky』のフラッシュインタビューに対して、こう語った。

「私はこのような混乱を招いた人々をとても恥じている。恥ずべき振る舞いであり、あれこそがフットボールの酷い一面だ。ブンデスリーガやドイツ・サッカー連盟などと一緒になって行動すべき時が来たとしか言えない。ホップ氏は非常に素晴らしい紳士だ。心から謝罪したい」

 度重なる注意にもバナーを下げようとしなかったサポーターの蛮行によって、今後、バイエルンが何かしらの処分を受ける可能性も小さくなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ