「美しいボレーが取り消し」幻ゴールの冨安健洋、イタリア各紙がチーム最高評価!本人は「負けたけど…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月01日

「最初の15分に苦しみすぎた」

チームは敗れたが、攻守で奮闘を見せた冨安(左)。(C)Getty Images

画像を見る

 待望の初ゴールは、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)の介入で幻となった。だが、好パフォーマンスだったことは変わらない。

 2月29日のセリエA第26節、ボローニャは敵地でラツィオに0-2と敗れた。勝利したラツィオは暫定でユベントスをかわし、首位に浮上している。

 ボローニャの冨安健洋は後半、2点ビハインドの中で右足のボレーシュートを叩き込み、セリエA初ゴールをマークしたかに思われた。だが、VARの指摘により、アシストしたロドリゴ・パラシオがオフサイドポジションにいたと判明。惜しくも得点が取り消された。
 
 それでも、衛星放送『Sky Sport』は、採点で冨安にチーム最高となる6.5点をつけた。『Sports Mediaset』も同じく6.5点とし、「本当に今後が興味深いことを裏付けた。守備ではチームベスト。VARがとても美しい右足ボレーシュートの得点を取り消し」と高く評価している。

 3月1日付の『Gazzetta dello Sport』紙も、やはり6.5点でチームベストに選出。『Corriere dello Sport』紙は、チームベストのムサ・バロウと並ぶ7点をつけ、「最後は3バックの一角となり、戦術センスや存在感を示した。素晴らしいタレント」と絶賛した。

 ただ、試合に敗れたとあり、冨安本人は悔しさを見せている。クラブ公式サイトが伝えた『Sky Sport』に対するコメントで、日本代表DFは「ゴール? 得点になってほしかったけど、勝つほうがよかった」と話した。

冨安は「最初の15分に苦しみすぎた。アプローチを改善しなければ。後半は良くなった。つねにああいう姿勢でなければいけない」と述べ、早くも次の試合に目を向けている。

「負けたけど、すでに次の試合に集中している。ユベントスのような偉大なチームと対戦だからね」

 新型コロナウイルスの影響で今週末の5試合が延期となり、今後も不透明なセリエAだけに、次節の開催がどうなるかはまだ分からない。ただ、1年目のイタリアで着実に評価を高めている冨安が、さらなる飛躍を目指そうとしていることは確かだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ