「残酷すぎる」「16年前の日本で見た」仏2部でGKが犯した衝撃のオウンゴールが大反響!南雄太の悪夢が再び…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月01日

何でもないスローインが…

ゴールに向かっていくボールを慌てて掻き出したモーブルだったが……。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間2月28日に開催されたリーグ・ドゥ(フランス2部)の第27節、カーン対グルノーブル戦で衝撃のオウンゴールが生まれた。

 17分にカーンがPKで先制した直後だ。ホームチームのロングボールが流れ、グルノーブルのGKブライス・モーブルがキャッチ。スローインで味方にボールを送ろうとした、その時だった。

 一瞬、タイミングが合わず投げるの躊躇したのかもしれない。中途半端な形でリリースされたボールは、自陣のゴール方向へ。30歳の守護神は焦って掻き出し、ごまかすようにすぐにスローインをしてゲームを始めようとしたが、時すでに遅し。ボールはゴールラインを割っており、得点が認められた。
 
 Jリーグのファンなら覚えている方も多いだろう。2004年5月22日に行なわれたサンフレッチェ広島戦で、柏レイソルのGK南雄太(現横浜FC)がやってしまったオウンゴールにそっくりな、文字通り目を疑うようなシーンだった。

 この驚くべき失点にファンも反応。ツイッター上では、こんなコメントが飛び交っている。

「信じられない!」
「どうやったら、ああなるんだ」
「目を疑った」
「16年前の日本で見た」
「年間ベストオウンゴールに決定!」
「残酷すぎる」

 試合はこのままグルノーブルが0-2で敗北。モーブルの心中はいかばかりか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「信じられない!」誰もが目を疑ったモーブルの衝撃オウンゴールはこちら
 
【関連記事】
「マジでヤバい」小野伸二がマドリー&バルサも注目する“天才小学生”を絶賛!対決動画に「伸二2世になるね」とファンも反響!
「シンジの2発が最大のハイライト」ヘッドで2ゴールの岡崎慎司を地元紙が激賞!採点はチーム最高評価
リフティングを邪魔された本田圭佑が「ムッ!」。いたずらの主は元磐田の“暴れん坊”だった!
前代未聞の“試合放棄”! 相手オーナーへの侮辱バナーを掲げた自軍サポにバイエルンの選手たちが憤怒
クラシコ直前で両者の勝点差は2! バルサが突き放すのか、マドリーが追い抜くのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月14日号
    9月22日発売
    J1・J2リーグ
    注目11クラブの戦術検証&
    オリジナル10のクラブ全史
    クラブダイジェストは横浜!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ