「予算すら聞いてない」「魂を失うことに…」ミランが内部分裂か? ボバンがオーナーとCEOへの不満を吐露!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月01日

CEOは「ミランに2つの魂はない」と主張も…

ガジディスCEOが否定したクラブ内部の対立を認めるかたちとなったボバン。(C)Getty Images

画像を見る

 事実上、内部対立を認めたかたちだ。

 ミランのスポーツ部門を率いるズボニミール・ボバンが、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、オーナーの投資ファンド「エリオット」とイバン・ガジディスCEOへの不信感を露わにした。

 以前から内紛が噂されていたミランは先日、オーナーサイドが監督兼強化マネジャー就任をラルフ・ラングニックに打診し、仮契約にもサインしたとの報道が浮上した。

 ガジディスは先日、同紙のインタビューで「ミランに2つの魂はない」と主張。テクニカル部門との亀裂を否定し、「共通のビジョン」があると団結を強調している。

 だが、それから1週間。同じ『Gazzetta dello Sport』紙のインタビューに、今度はボバンが登場。「2つの魂はない」との主張に「数日前までは現実と思っていた」と、ガジディスへの不信感を公にした。

 ラングニックの件について、ボバンは「最悪なのは、チームが成長し、監督の見事な手腕が見えてきた時に、この動じさせるような出来事が起きたことだ」と批判している。

「我々に知らせなかったのは敬意を欠いており、エレガントでない。ミランに相応しくない。少なくとも、我々が記憶していたミランに相応しくない」

 さらに、元クロアチ代表MFは「わたしの見方では、団結とは共有、敬意。すべての土台にそのアプローチがある。良い気分で仕事できる唯一の道だ」と、経営サイドにメッセージを発した。

「ガジディスとはすでに話した。ミランのために、できるだけ早くオーナーと会議する必要があるのは確かだ」
 
 今後に向け、ボバンは「オーナーが予算も目標も明確にすべき」と主張。「要は、我々は健全で適切なクラブ運営を保証するために財政バランスの要求を尊重する。オーナーは、偉大なクラブの価値と歴史を代表する者に託したスポーツ面の結果を尊重するということだ」と続けている。

 現時点で「今後の予算すら聞かされていない」というボバンは、「冬の市場は我々が正しかったことを示した。短期間で若手がいかに成長したかを見るだけで分かる」と、若手だけではなく、若手とベテランを適切にミックスさせる必要があるとの考え方が正しかったとも強調した。

 最後に、ボバンは「ミラノとイタリアのアイデンティティーを持つことがいかに重要か、我々は知っている。外国のオーナーにとって理解するのが難しいこともあるのは理解している。だが、大事な道だ」と話している。

「非イタリア化・非ミラン化に至ってはいけない。本当に魂を失うことになるよ。このクラブ、この街、この素晴らしい土地を愛する愛国者のクロアチア人としてそう言っておく」

 ボバンの言葉を、エリオットとガジディスはどう受け止め、どのような動きに出るのか。そして、ミランの今後にどう影響していくのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ